特集

華やかな時代:
インドの宝石


Placeholder Alt Text

ゴルコンダ地域から産出された大きなフローレスのダイヤモンド。コロンビア産の鮮やかなグリーンのエメラルド。ビルマで採れた血のように赤いルビー。このように視覚的に最も強く訴える宝石のみが純金にセットされます。5,000年以上もの間、ジュエリーはインドの歴史において非常に重要な役割を果たしてきました。数多くの戦争が繰り広げられ、帝国はこれらの富を求めて勝ったり負けたりしてきました。

しかしながら、文化的慣習のため由緒ある宝石はあまり存在せず、宝石や貴金属は後続世代によって別の目的で使用されました。2018年3月までGIAカールスバッドで展示されている「華やかな時代:インドの宝石」展で披露されている宝石は個人のコレクションから借用したもので、17世紀~20世紀の300年以上にわたるインドの装飾品の歴史を紹介し、壮大なムガル帝国時代(1526年~1857年)の作品もご覧いただけます。

2つのネックレスなど華やかなジュエリーを身に着けているインドのマハーラージャの画像。
パティアラ地方のマハーラージャ、Sir Yadavindra Singh。1928年にCartier(カルティエ)が彼の父のために作った2つのネックレスなど、素晴らしいジュエリーを身に着けている。Cartier Archives、© Cartier より許可を得て転載。

実際、ムガル帝国のイスラム教徒の創業者バーブルを中央アジアから引き付けたのは、インド北部の伝説的な富豪が切望したためでした。自分たちが獲得したり、「贈呈品」として受け取ったり、または宝庫に保管された多くの宝石や金から作られた華麗なジュエリーを惜しみなく身に着けていたムガル人やインドのその他の支配者は、貴重な物質の宗教的、霊的、社会的な重要性およびそれらの様式を称え続けていました。

複雑にデザインされた作品は、アッラーおよびヒンドゥー教の神々であるシヴァ、クリシュナ、ヴィシュヌに称賛されました。他の宝石は結婚という契約において重要な役割を果たしていました。例えば、多産の象徴であるヘビや魚を表現した華麗なネックレスが結婚式で着用されたり、ノーズリングが結び付いた幸せの証として着用されました。鮮やかな色の宝石やエナメルは生命の力の象徴でした。赤は血や動物王国の生命力、そして緑は青い空と黄色の太陽によって作られた植物の生命の象徴でした。現在、インドでは宝石とジュエリーはパワー、名誉と愛という強力なメッセージを持っています。

宝石の旅

インドとその周辺の国々の地図。ダイヤモンド、ルビー、エメラルド、真珠、サファイアなど、この記事で取り上げられたインドのジュエリーで使用された数多くの宝石の起源を示している。
イラスト:Tom Kwolik/GIA

これらの冒険家は取引でどのようなことを獲得したいと願っていたのでしょうか。彼らは長い間唯一の原産地であった場所で産出された世界で最も美しいダイヤモンドを手に入れたかったのです。悪名高いHope Diamondo(ホープダイヤモンド)やKoh-i-Noor Diamondo(コ・イ・ヌール)ダイヤモンドなど、最も貴重と称えられているいくつかのダイヤモンドは、インドの有名なゴルコンダ鉱山地区で産出されました。インド貴族はその他の地域で採れたエメラルド、ルビー、サファイア、スピネル、真珠の最高品質のもののみを自分たちで確保し、残りは取引していました。

品質が最も重要な要因でした。最高品質の宝石と最も純粋な金のみが、神々を敬い、悪を追い払うための魔除けとして最大の力を引き起こしたのです。宝石鑑別士はインドのほとんどの王宮において重要な役割を果たしていました。ムガル帝国皇帝アウラングゼーブ(在位1658-1707年)には側近が3人いました。一人は宝石の手入れをし、2人目は宝石の価値を評価し、3人目は宝石をグレーディングし、処理済みの宝石か模造石かを判断していました。宝石学に関する知識は父から息子へと何世代にも渡って引き継がれ、悪名高いカーマスートラなどの文書でも教えられていました。

今日では、GIAは研究を行い、宝石学の知識を広げて完全なものにするというこの伝統を継続するために何千人もの人々を教育しています。例えば、宝石がどのように形成されるかを調査したり、これらの伝説的な原産地のいくつかから起源への手がかりを確立したりすることが研究の一部となっています。

ゴルコンダのダイヤモンド

エメラルドとダイヤモンドがゴールドにセットしているネックレスと2つのイヤリングのセットを表示する画像
ハイデラーバードのニザーム家が所有するこのネックレスとイヤリングには、150カラットのゴルコンダ産ダイヤモンドとコロンビア産エメラルド47個のビーズがセットしている。ムガル帝国時代 ▪ ハイデラーバード ▪ 18世紀 ▪ 22Kゴールドに飾られたダイヤモンドとエメラルド ▪ 20.5 × 18cm。写真撮影:Robert & Orasa Weldon/GIA

「宝庫はその源が鉱山にある。
宝庫から軍隊が中に入ってくる。
宝庫と軍隊があってこそ、地球が得られる。. . .」

インドの宰相カウティリヤは、帝国を統治する指導書として4世紀に編纂された『アルタシャーストラ(実利論)』でこのように執筆しました。古代以来、最も重要な鉱山はダイヤモンド鉱山でした。インドでダイヤモンドを産出する3箇所の主要な地域のうち最古のものは、伝説的な要塞都市ゴルコンダの近くでした。正確な場所は機密事項であったため、その場所を明かした者は殺されてしまいました。ゴルコンダはダイヤモンドの取引の中心地となり、10,000頭ものラクダや牛とともにキャラバンがアジアを横断していました。

Image shows hundreds of camels and their drivers resting in the desert.
Hundreds of camels formed caravans that carried gems and other goods into India. Photo by Robert Weldon and Orasa Weldon.

インドの生命科学アーユルヴェーダによると、ダイヤモンドを身に着けると、長寿、体力の増強そして美しさが保証されると伝えられています。由緒あるインドのジュエリーで見られる薄くて平らなダイヤモンドは、通常、原石から劈開された薄片であり、端の周囲に研磨された平らな面が多くあります。加工された石やファセット技術はヨーロッパから到来したため、ブリリアントカットのダイヤモンドはインドでは19世紀まで見ることができませんでした。

数多くの素晴らしいダイヤモンドが、インドの鉱山で産出されました。現在イギリスの王冠の宝石となっている伝説的な105カラットのKoh-I-Noor Diamond(コ・イ・ヌール ダイヤモンド)や、Harry Winstonが1958年にSmithsonian Institution(スミソニアン博物館)に寄贈するまで多くの人々に不幸をもたらした45カラットの青い Hope Diamond(ホープ ダイヤモンド)がその代表的な例でしょう。

今日、ゴルコンダ採鉱地域は大部分が掘り尽くされしまいました。インドの鉱山は、2,000年以上の間に少なくとも1200万カラットのダイヤモンドを産出したと推定されています。しかし、これらの鉱山が衰えたとしても 1700年代初期にブラジルで、1860年代後半に南アフリカ共和国でダイヤモンドが発見されたため、インド皇族の愛好家は常に十分なダイヤモンドを所有することができました。

スピネルとルビー

下に向けて先が尖っている宝石で飾れられ、羽根の形をした飾り
最も権力がある者のみが着用することができた、このターバン(jigha)の飾りは、ターバンの前に入れるようにデザインされており、「羊脂白玉」のジェードから作られた。ムガール帝国時代 ▪ デカン ▪ 18 世紀 ▪ 22Kゴールドに飾られたジェード (ネフライト)、ダイヤモンド、スピネル、エメラルド ▪ 14cm。写真撮影:Robert & Orasa Weldon/GIA

真っ赤な 血。これがなければ人間は生きることができません。力、生命そして若々しいエネルギーは、インドのジュエリーで使われる2つの主な宝石、スピネルとルビーの象徴です。インドの歴史のほとんどにおいて、これら2つの非常に異なる宝石鉱物は互いに取り替え可能なものでした。最も古く高貴な赤い宝石は、Balakhshan(バダフシャーン)の危険な山で産出されたスピネルでした。バダフシャーンは現在のアフガニスタン北部からタジキスタンに広がる地域で、このためここで産出されたスピネルは「バラスルビー」と名付けられました。イギリスの 170カラットのブラックプリンス"ルビー"と352カラットのティムール"ルビー"は、実は両方ともBalakhshanで産出されたスピネルだと信じられています。不思議なことに、初期に宝石に行われた処理では、何世紀も前に誕生したブラックプリンスの石は、ペンダントとして着用できるように穴が開けられ、元の穴にルビーが詰め込まれていたのが特徴です。インドでの慣習に従い、巨大なティムールルビーには1612年のシャー・ジャハーンギールに始まり6人の所有者の名前と日付が刻印されています。
 

インドの神々の彫刻およびエメラルドとルビーを特徴とするゴールドのペンダント
複雑に装飾されたこのペンダントでは、ヒンドゥー教の神クリシュナの両隣で、彼の后妃、ルクミニとサティアバマが仕えている。3人の顔は、エメラルドとルビーに彫刻されている。インド南部 ▪ 20世紀初頭 ▪ 22Kゴールドに飾られたダイヤモンド、ルビー、エメラルドと真珠 ▪ 12 × 10cm。写真撮影:Robert & Orasa Weldon/GIA

ルビーはアフガニスタンでも発見されていましたが、ムガル帝国時代においては、コランダムの赤い品種であるルビーの主な原産地は、「宝石の島」と呼ばれるセイロン島(スリランカ)と、ビルマ(ミャンマー)の宝石が豊富に産出される地域、モゴクでした。インド最古のジュエリーは、このような二次的な漂砂鉱床で発見され、見事な丸みを帯びて水で摩滅し、研磨するだけで豊かな色が現れたルビーを特徴とします。モゴクの初生鉱床は、接触変成作用のため赤い色の結晶が形成される白い大理石に到達するまで掘り下げられた19世紀まで利用されませんでした。

エメラルド

エメラルド、ルビー、ダイヤモンド、真珠を特徴とし、アラビア語での彫刻が見られる角の形をした宝石ペンダント。
マイソール王国からのもので、角の形をしたこのペンダントに飾られている125カラットのコロンビア産エメラルドには、平和の挨拶がアラビア語で彫刻されている。ムガル帝国時代・マイソール・18世紀・22Kゴールドに飾られたエメラルド、ルビー、ダイヤモンドと真珠・6 × 8.5 × 2cm。写真撮影:Robert & Orasa Weldon/GIA

グリーンはインドの強力な生命力を意味します。最も切望された緑色の宝石は、鉱物ベリル(緑柱石)の鮮やかな緑色の変種であるエメラルドです。初期のエメラルドのほとんどは、紅海の内陸部にある丘に位置するエジプトの伝説的な「クレオパトラの鉱山」から産出されたものでした。しかし、これらの石は通常、色が薄くインクルージョンが多く含まれていました。

1500年代にムガル帝国の権力が増大するにつれて、南米のスペイン戦士が、好戦的であったムゾー部族を征服し、現在コロンビアとして知られている緑豊かなジャングルにあるエメラルド鉱山を支配しました。ムゾー鉱山、そして後にはチボー鉱山より産出されたエメラルドを積んだガレオン船が荒々しい大西洋を航海し、スペインへと辿り着きました。素晴らしい緑色をしたこれらの宝石で最高品質のものは、国王の金庫に保管されたり、ポルトガル商人に売却されました。後に、ポルトガル商人はこのエメラルドをインドの沿岸にある取引中心地、ゴアまで運び、最終的に皇室の財宝となりました。エメラルドは、これまでにアフガニスタン、ブラジルなどの他の国々からも持ち込まれましたが、コロンビア産のエメラルドほど優れた品質のものはありません。
 

背景に地図の線がある古代の船の絵。
1565年製作の地図に描かれたポルトガルのキャラック船。

1609年から1611年までアグラにある宮殿にとどまったイギリスの貿易商は、シャー・ジャハーンギールが100万カラット以上ものエメラルドの裸石を財宝として所有し、最も好んでいたものは新世界から持ち込まれた鮮やかな緑色を放つ宝石であった、と報告しました。今日、ジャイプールの街は、宝石に対するインドの長期にわたる情熱の名残りである、エメラルドの加工において世界の中心地として発展しています。

ブルーとイエローのサファイア

ルビー、エメラルド、ダイヤモンド、ブルーサファイア、クリソベリル キャッツアイの宝石で造られたインドのシヴァ神のゴールドペンダント。
このペンダントでは、無知と欲の悪魔の上で踊っているシヴァ神が描かれており、シヴァ神の顔はブルーサファイアに彫刻されている。上部には、巨大な「栄光の顔」であるkirtimukhaが見られる。タミル・ナードゥ州 ▪ 20世紀 ▪ 22Kゴールドにセットされたルビー、エメラルド、ダイヤモンド、ブルーサファイア、キャッツアイ クリソベリル ▪ 7 × 9cm。写真撮影:Robert & Orasa Weldon/GIA

多くの文化において、ブルーサファイアは、知恵、予言およびパワーの源として崇拝されています。しかし、古代ヒンドゥー教の占星術では、ブルーサファイアは暗くて困難をもたらす惑星、土星に関連付けられ、適切に扱わないと、ブルーサファイアは着用した者に試練を与えると伝えられていました。その結果、多くの人々はブルーサファイアを拒絶していました。しかし、イエローサファイアは富、知性や健康を約束しました。
 

サファイヤの結晶2つと、ブルーの結晶1つ、黄色がかった白い結晶1つの画像。
セイロン島(スリランカ)産のサファイア結晶。提供:Bill Larson、Pala International 写真撮影:Robert & Orasa Weldon/GIA

効果を発揮するには、サファイアは見た目に透明性がなければなりませんでした。クラリティを向上させるために、サファイアが粘土で包み込まれて火の中に数時間放置されるという熱処理に関する報告は、16世紀の昔に遡ります。サファイアは、少なくとも4世紀以来インド南部から産出されていたと知られていましたが、ほとんどのサファイアはセイロン島(スリランカ)で産出されていました。この「インド洋の宝石箱」の漂砂の砂利は、2,000年以上もの間、鮮やかな色をした透明な宝石を産出しています。

また、貿易商は、ルビーよりも大きい青いコランダム結晶を持つ高品質のサファイアをビルマ(ミャンマー)のモゴク地域から搬入しました。1881年、ヒマラヤ山脈で土砂崩れが発生し、滑らかな「コーンフラワー」ブルーの結晶を含む大きなポケット型鉱床が露出しました。最初、巡回していた商人はこの石を重量で塩と交換するという取引に同意させられました。さらに南部で見事なサファイアが出始めるにつれ、カシミールのマハラジャとその軍隊はこの新しい産出地を掌握しました。大粒の美しい結晶が数千個も回収されましたが、生産量はまばらでした。現在この地域では採鉱があまり計画されなくなりました。

パール

ダイヤモンド、ルビー、エメラルド、真珠を特徴とし、彫刻が施された華やかな金製アームレット。
このようなしっかりとしたアームレット(vanki)は、通常、インド南部の寺院の偶像やダンサーが着用していたが、この作品に見られる華麗な装飾からこれは貴族に使用されていたことが確認できる。マドゥライ ▪ 19世紀 ▪ 22Kゴールドにセットされたダイヤモンド、ルビー、エメラルドと真珠 ▪ 10 × 7 × 8.5cm。写真撮影:Robert & Orasa Weldon/GIA

小さなボートで海に出て、重しをつけて、およそ30メートル以上も深いサメが出没する海に放り投げられるのを想像してみてください。首にかけた網が母貝でいっぱいになるまで息を止めて、できるだけ早く海面まで上がり、着いたらやっと息ができるのです。いつも無駄に終わることが多いのですが、採取した母貝の中に丸くて、白い、光沢のある真珠が少なくとも1つ見つかればいいと願いながら、1日に40回、50回、60回と潜水を繰り返します。何世紀もの間、アラビア(ペルシャ)湾とインドの真珠の主な原産地であるマンナル湾では、無数のダイバーがこのようにして真珠を採取していました。

古代の真珠のダイビング技術を示す様々なシーンを示す線画。
ペルシャ湾での真珠の採取。イラスト提供:K. C. Bell

それにもかかわらず、真珠はムガル帝国の皇族やマハーラージャの宝庫には欠かせないものでした。パワーの重要なシンボルである真珠は、ジュエリーとして着用されたり、服に縫い付けられたり、家の中や宗教的な置き物を飾るために使用されました。最も品質の良い真珠のみ、すなわち最も白くて丸い、最高のオリエントのものが、最高の幸運、長寿、富そして罪の赦しをもたらすと伝えられていました。現在イラクが位置し、古代の取引中心地であったバスラでは、最高のアラビア湾真珠が採取されます。このため、バスラという名称は、現在でも最高品質の天然真珠に関連したものです。

1600年代になると、乱獲のためマンナール湾での海水産貝の養殖場が破壊されました。しばらくの間は、新世界(ベネズエラ沖)から採取された真珠がこの有機質の宝石に対するインドの絶えることのない需要を満たしていました。しかし、この原産地とアラビア湾にあった真珠の産地も徐々に枯渇してしまいました。20世紀に技術が進歩したため、世界各地で養殖真珠が入手できるようになりました。現在、これまでにも増して高級の天然真珠は稀少とされており、非常に人気のある宝石となっています。

ナヴァラトナの宝石

ジェード, ネフライト(軟玉), ダイヤモンド, エメラルド, 処理済みルビー, ブルーサファイア, イエローサファイア, 真珠, サンゴ, ヘソナイト, キャッツアイ クリソベリル, インド, ナヴァラトナ
このジェードのペンダントには、9つのナヴァラトナの宝石で最も使用される素材が示されています。ラージャスターン州 ▪ 19世紀 ▪ ジェード
(ネフライト), ダイヤモンド, エメラルド, 処理済みルビー, ブルーサファイア, イエローサファイア, 真珠, サンゴ, ヘソナイト, キャッツアイ
クリソベリルが22Kゴールドに飾られている ▪ 8.5 x 12cm。写真撮影:Robert & Orasa Weldon/GIA


人生に不安がありますか。慢性的な病気に苦しんでいますか。お金や権力を望んでいますか。ナヴァラトナ(9つの宝石)はヒンドゥー教で最も強力な魔除けの一つであり、後々イスラム教徒にも魔除けとして使われるようになりました。9つの宝石は、太陽(ルビー)、月(真珠)、水星(エメラルド)、火星 (サンゴ)、木星(イエローサファイアまたはトパーズ)、金星(ダイヤモンド)と土星(ブルーサファイア)のインド占星術の天体および月の昇交点(ジルコンまたはヘソナイト)と降交点(キャッツアイ)を表しています。

指定された配置でジュエリーにセットされるナヴァラトナは、惑星のネガティブなエネルギーから着用者を守り、異なる宝石のポジティブな利点を強化し、健康、富、精神的な強さと知恵をもたらします。宝石が円形に配置されている場合は、太陽系の中心である太陽を表すためにルビー(太陽)が中心にセットされます。S. M. Tagoreの『 Mani-mala(マニマラ)』で伝えられているように、すべての宝石は「高品質でフローレスでなくてはいけません。」

ナヴァラトナが紹介されたと推定されている10世紀の間、これらの宝石の素材すべてはインド亜大陸およびその近くで発見されました。実際、ダイヤモンド採鉱および真珠の採取におけるインドの歴史は2,000年以上も前まで遡ります。古代の時代では、インドの海岸線の大部分は広大なサンゴ礁によって保護されていました。現在、オリッサ州東部が、ルビー、サファイア、エメラルド(緑柱石)、ガーネット、トパーズ、ジルコン、キャッツアイ クリソベリルを産出する唯一の場所となっています。ナヴァラトナの宝石は、この古代文明の自然の宝庫を表しています。

GIAカールスバッドの特別展示会

2017年10月13日から2018年3月1日までGIAカールスバッドで開催される展示会にお立ち寄りになり、これらの宝石やジュエリーをご覧ください

GIA World Headquarters
The Robert Mouawad Campus
5345 Armada Drive
Carlsbad, CA 92008 USA

ツアーは最低24時間前までにご予約ください。

Alice Kellerは、GIAカールスバッドでGems & Gemology(宝石と宝石学)の名誉編集長を務めています。Terri Ottawayは GIAカールスバッドの博物館の学芸員です。

GIAは、この展覧会に作品を貸与していただき、説明文などの編集にご協力いただいた個人コレクターの皆様(匿名希望)に深く御礼申し上げます。GIAに収集家の方々を紹介し、説明文を記載するにあたり専門知識を提供していただいたたTsajon von Lixfeld(G.G.)にも深く御礼申し上げます。