現在の展示

華やかな時代:インドの宝飾品


Article Landscape New

写真: Robert Weldon/GIA, 提供:個人のコレクション。

このムガル帝国時代のホーンの形をしたゴールドペンダントは、平和の挨拶がアラビア語で彫刻されている125カラットのコロンビア産エメラルドを特徴とする。マイソール王国の支配者のために作られたこのペンダントには、ダイヤモンド、ビルマ産ルビー、エメラルドのビーズ、真珠がセットされている。

この展示会では、個人のコレクションから借用したインドの優美なジュエリーや芸術品50点をご鑑賞いただけます。壮大なムガル帝国(1526年-1857年)時代からの作品など、いままで非公開であったこれら装飾品は、17世紀から20世紀に渡る300年以上ものインドの歴史を展示しています。この展示会は、これらの作品を色とりどりに飾り立てるダイヤモンド、ルビー、エメラルド、サファイアおよびその他の宝石の昔の原産地を探求し、宗教と文化において宝石が象徴する意義、宝石のために戦われた戦争、インドでの宝石学の歴史的な伝統をご紹介します。

GIAで開催されているこの特別展示会で、素晴らしいインドのジュエリーに使われている宝石の旅について詳しく学びましょう。