ネガティブスペースのある
ポジティブデザイン


時に見えないものは目に見えるものと等しく重要であります。

ネガティブスペースが、この興味深い表現を説明します。 それは2つの物体の間に存在し、デザインの形や深みを生み出す空の領域を指します。

1960年代から1970年代のミニマリスト画家や彫刻家たちは、たっぷりと自らの作品にネガティブスペースを取り入れました。 彼らのスタイルは、物は美しさのために飾る必要はない、という、less is more(少こそ多なり)派の一部でした。

ネガティブスペースも現代ジュエリーデザインの人気モチーフです。 清潔感のあるモダンな外観が特徴です。

Manufacturing Jewelers & Suppliers of Americaアメリカンビジョン賞を受賞したMark Schneiderのコンバーチブルのリング/ペンダントのデザインは、まさにネガティブスペースの典型と言えるでしょう。 つなぎ合わさったプラチナバンドによるわずかな空洞が、弦月を作りあげています。 指輪として身に着けると黒タヒチ養殖真珠が指の上に吊るされているように見えます。ネガティブスペースにはこのような効果もあります。


この指輪はMark Schneiderの作品で、12.3mmの黒い南海真珠と、0.47カラットの黒および0.32カラットの白パヴェダイヤモンドが使われている。 オープンポジションで指輪として身に着けるか、あるいは逆さまにしてペンダントとしても利用できる。 写真撮影:Robert Weldon / GIA

貴金属の値上がりに伴い、ジュエリーデザイナーはネガティブスペースを自分の作品に組み込むことがあります。 その技術によって、より少ない量の金属で驚くほどに美しくかつ手頃な価格の作品を生みだすことができます。 ネガティブスペースをデザインに取り入れることは、結局のところ必要性とスタイルの混合なのです。

ネガティブスペースの未来は?消費者の多くが複雑な時代における癒しをシンプルな形状に求め、貴金属の価格下落が期待できないという現状から、ネガティブスペースはジュエリーデザインにポジティブな影響を与え続けるでしょう。


AGTA Spectrum Award and Platinum Honors (AGTAスペクトラム賞とプラチナ栄誉)を獲得したHolly K. Croft作のネックレスは、巧みにネガティブスペースを取り入れている。 写真撮影:Robert Weldon/GIA