こうしてファンタジーカットが登場


その昔、ジェムカットは伝統的な職人技として何世紀にもわたり受け継がれてきた。 宝石細工とはできるだけ多くカラットを維持しながら原石を理想的な形状へ整えていく作業である。 その後、Bernd Munsteiner( 1943生まれ)がファンタジーカットを発明(鉱石裏に凹面を入れる)。

Munsteine​​rは自由自在にカラットを鉱石の背面をスライス状に捌き、石の前面に荘厳な光効果を生み出すことに成功した。 彼が唯一認めた理想的とは、石中に潜む天然の美を解放できる比率を指した。

宝石商およびジュエリー商の業界人にとってもファンタジーカットの仕組みについて無知でした。 だがとうとう批評家たちはその崇拝者となり、Munsteinerの作品がギャラリーまたは博物館に展示されるようになった。

Munsteinerの最も有名な作品は煌びやかな10363カラットのアクアマリン原石で、Ondas Maritimasとも呼ばれるDom Pedroでしょう。 それは、スミソニアンは、それがであることを特徴とするほど息が「ちょうど30フィートホープダイヤモンドからの表示の場合に、自身を保持することができる世界でも数少ないオブジェクトのいずれか。 "



Munsteine​​rの1993年の作品で Ondas Maritimasとも呼ばれるDom Pedroは、まさに分水嶺と呼べるでしょう。何故ならそれを機にファンタジーカットが1つの芸術形態として市民権を得たからです。 写真:スミソニアン学術協会の自然史博物館長を勤めるDonald E. Hurlbert(ドナルドE. ハールバート)

Munsteine​​rの革新的な作品は、リチャード·ホーマー、マイケルDyber、ジョン·ダイアー、およびSherris入札小作人シャンクのような賞を受賞したlapidariesの世代に影響を与えた。 アメリカ宝石貿易協会も宝石職人がファンタジーカット原石を披露する、世にも名高いカッティングエッジ(最新鋭)賞コンテストを催しています。


リチャードP.ホーマー、GIA GGは、インペリアルトパーズカット彼の36.74カラットアンティーククッション凹面フォーカス™のために2013 AGTAスペクトラム賞を受賞しました。 写真:Robert Weldon、提供:オハイオ州ケKent(ケント)にあるGems By Design, Inc.(ジェムス・バイ・デザイン社)

Sherris Cottier Shankはこの曲線の溝を刻んだ8.97カラットのピンクトルマリンで、パビリオン旋風を巻き起こしました。 写真:Sherris Cottier Shank

原石に施されるカットの種類が、ファンタジーカットと従来のカットの最も大きな違いの1つです。 従来の原石は原石をすり潰しながら研磨する、フラップアップ付のファセット機にて加工されています。 デザインエレメント用のカッティング器具の開発に伴い、溝、オプティックディッシュズ、凹面ファセットなどを施したファンタジーカット原石が登場しました。


John Dyerの27.47カラットの多色オレゴン産サンストーンは芸術作品の1つである。 写真:David Dyer、宝石提供:
John Dyer & Co.

原石のサイズは宝石職人たちにとって素材選びの重要な検討材料となります。宝石が大きいほど作品のための「キャンバス」が大きいことを意味するからです。ダイヤモンドや(ルビー、サファイヤ、エメラルドなどの)ビッグスリーを使用する者もいますが、これらは大きいサイズのものが入手しにくいという難点を抱えます。 こういう事情もあり、カッターの多くがクォーツやアクアマリンなど、広大なキャンバスを持つ原石を素材に選びます。


「私は自分の直感を信じたことでこのような風が巻き起こった。 一切計画を練ることもなく作品に臨み始めた。」と、Michael Dyberは語っています。 その完成品がちょうど今、鎮まっていた猛嵐を呼び起こしています。 写真:Sena Dyber

典型的なイタリアンスタイルのこの貴重な発見をつなぎ合わせて、この本は、伝統的に高級ジュエリーに関連しているものを超えて、ジュエリー作りの魅力と芸術性を理解することを読者にとって身近なものにします。 それは、最終的にそれらを結びつける宝石のこの愛である。


Dalan Hargrave (ダランハーグレーブ)はバラエティに富んだ技術を用い、これら3つのファンタジーカット・アメトリン作品を製作しました。 写真:Robert Weldon(ロバート・ウェルドン)/GIA、提供:Minerales y Metales del Oriente, ボリビア, SA