GIAでの58面ラウンドブリリアントカットダイヤモンドの
記述


Placeholder Alt Text
今日のラウンドブリリアントカットダイヤモンドは、宝石の光学的なきらめきを披露する。 これらは、何世紀にもわたって行われてきたカットスタイルの最新のものを表現している。 写真:Eric Welch、©GIA、提供:Signed Pieces(サインドピーシズ)、ニューヨーク

はじめに

今日の市場においてほとんどの消費者は、現代の美の概念に叶うよう作られたラウンドブリリアントカットダイヤモンドを選択します。 このきらめきを放つ宝石は、6世紀以上にわたり、熟練したカッターが何世代もかけて積み上げてきた才能を顕(うつ)しています。

ダイヤモンドのカットが今日の57面または58面ファセットのラウンドブリリアントへと進展するにつれ、スタイルも多くの段階を経て進歩しました。 ブリリアントカットが円形のフェイスアップのアウトラインをもつスタイルへと発展した1750年まで、ファセットのサイズやプロポーションにおいて多くの変化がありました。 これらの変化には、テーブルサイズ、クラウンの高さ、ロワーハーフファセットの長さ、全体の深さ、およびキューレットサイズが含まれます。

この図では、標準のラウンドブリリアントカットのファセットの名前と配置が
示されている。 イラストレーション:Peter Johnson、 © GIA
こうした進歩があったことから、時代ごとにダイヤモンドが全く異なる外観を持つようになりました。 時が経つにつれて、テーブルファセットは大きくなり、キューレットは小さくなり、スターファセットとロワーハーフファセットは長くなりました。 オールドスタイルの宝石を動かしたり傾けたりすると、モダンブリリアントカットとは異なるフェイスアップでの光の明暗のパターンが見られるでしょう。

モダンブリリアントへの移行
このビデオでは、フェイスアップの外形がラウンドであるブリリアントの3つのスタイルをご覧いただけます。 左から右の順に、1750年まで存在したオールド ヨーロピアン カット、1880年あたりから登場した「トランジショナル(過渡的)」ブリリアント、そして1950年代以来出てきたモダンラウンドブリリアントとなっています。 ビデオでは、過渡的なカットは「サーキュラーブリリアント」と表示されており、これは現在GIAのグレーディングレポートで使用されているのと同じ用語です。これら3つの動画では、カットのスタイルが徐々に発展し、各プロポーションの組み合わせに関連した異なるフェイスアップパターンが生じることとなった過程をご覧いただけます。 動画:Al Gilbertson、©GIA
多くの美しい古いダイヤモンドは、そのプロポーションが現代の基準と異なるので、GIAを含むダイヤモンドグレーディングラボにとっては難題となります。 このため、今日の美観でこれらを判断することは困難です。 この状況にもかかわらず、アンティークの美しさを求める市場があります。 実際に、現代のダイヤモンドとは異なる光の作用を好む消費者もいます。

モダンラウンドブリリアントカットと比較すると、このオールドスタイルの1.07ctの ブリリアントカットは、テーブルがはるかに小さく(38.5パーセント)、クラウンが高く、ロワーハーフファセットが短めで、キューレットがかなり大きいことが特徴となっている。 デジタル処理の画像:Al Gilbertson、© GIA、提供:Michael Goldstein
モダンブリリアントカットに比べて、古い宝石は典型的に「チェッカーボード」または「ブロック状」パターンと言われるような、より大きな光の明暗のフェイスアップパターンを示します。 モダンブリリアントカットは、古いカットスタイルを好む人々によって「破片のような」と称されるような細かい明暗のモザイクを示します。

多くの古いラウンドブリリアントは、1870年代から1940年代にカットされたものです。 そのうちのいくつかは、古いスタイルからより現代的なスタイルへの過渡的なカットであり、専門家の間では「トランジショナルカット」と呼ばれることもあります。

最近、貴金属の価格が上昇したことで、古いスタイルのダイヤモンドをセットした多くの作品が壊され、これらの美しい宝石がより多く市場に出回り、その歴史的特性への評価が高まってきています。

この記事では、これらの美しい古いスタイルのブリリアントカットダイヤモンドの記述に対してのGIAの取り組みについて説明します。

アンモディファイド・ブリリアントカットダイヤモンドのGIAカットグレーディングシステム

2005年に、GIAはアンモディファイド・ラウンドブリリアントカットダイヤモンドのカットグレーディングシステムを導入しました。 「アンモディファイド・ラウンドブリリアント」という名前は、 現代の基準に沿ってカットされた58面ファセットの規則的な配列があるシンメトリーのラウンドカットを表すのに使われました。 このシステムは、業界の専門家や消費者を含む幅広いグループで好みを調査した結果を取り入れた、長年の研究の集大成でした。

GIAは、現代の嗜好に照らして、標準的なラウンドブリリアントスタイルのダイヤモンドカットにおけるデザインの質と技巧を評価するシステムを作成しました。 システムのグレードは、現代の基準に則っており、ブライトネス、ファイアー、シンチレーション、そしてパターンの最適な組み合わせをもたらすプロポーションを評価しています。 エクセレント、ベリーグッド、グッド、フェア、プアの5つのグレードがあります。

アンモディファイド・ラウンドブリリアントカットダイヤモンドには、GIAのカットスケールで5つのグレードがある。 今日では、GIAによってグレーディングされたラウンドブリリアントカットの大半は上位2つのグレードに分類される。 この図では、ラウンドブリリアントカットダイヤモンドの外観に影響を与える重要なプロポーションの要素を示している。 イラストレーション:Peter Johnson、© GIA
GIAのカットグレーディングシステムは、この2.78ctのダイヤモンドのような、モダンラウンドブリリアントカットダイヤモンドの美しさと技巧を評価するために 作成されたものである。 写真:Robert Weldon、© GIA
この図は、モダンラウンドブリリアントのファセットの配置を示している。 ©GIA

オールドヨーロピアンカット

歴史的にはGIAでは、アンモディファイド・ラウンドブリリアントカットダイヤモンドを「ラウンドブリリアント」または「オールドヨーロピアン」と呼んできました。

オールド ヨーロピアン カットは、モダンラウンドブリリアントに向かう初期の斬新的な段階だったのです。 一般的に、業界の専門家は、オールド ヨーロピアン カットを小さなテーブルファセット、大きなクラウン、そして全体的に「深い」または「(傾斜の)急な」プロポーションを持つものとして特徴づ​​けていました。

このダイヤモンドは、小さなテーブル、大きいキューレット、そして短いロワーハーフファセットである。 このようなものは、1800年代後半の典型的なダイヤモンドである。 このスタイルは1950年代まで進化を続け、大きなテーブル、長​​いロワーハーフファセットおよび小さいキューレットを持つようになる。 写真:Al Gilbertson, ©GIA
この図は、オールドヨーロピアンブリリアントカットのファセットの配置を示している。 ©GIA
当初、GIAは、カットグレーディングシステムにおいて1つだけ例外を認めていました。それが、オールド ヨーロピアン カットでした。 この古典的なスタイルのダイヤモンドカットが相当な割合を占めていました。 オールドヨーロピアンカットの外観というのは、現代のラウンドブリリアントに相似する以前の時代に関連しています その結果、GIAは、オールド ヨーロピアンスタイルのダイヤモンドにカットグレードを付与していません。

GIAは、以下の基準で古典的なオールドヨーロピアンカットを定義しています。

  •  テーブルサイズ:53パーセント以下
  •  クラウンの角度:40度以上
  •  ロワーハーフファセットの長さ:60パーセント以下
  •  キューレットサイズ:やや大きい、もしくは大きい
これらのパラメーターは、オールドヨーロピアンのカッティングスタイルの昔の定義、鑑定員の観察、および業界の専門家との検討から作られています。 後発のこの基準を満たすよう成形されたわけではないこれらのダイヤモンドが、「フェア」または「プア」のカットグレードの判定を受けることのないようにしています。 これらのダイヤモンドのユニークな外観を売り込もうとしているディーラーは、長い間、これらの石がモダンなカットグレード基準の適用により過度に不利な評価を受けていると主張してきました。

実際には、ダイヤモンドが4つの基準のうち3つを満たしている場合、GIAグレーディングレポートでオールド ヨーロピアン カットと表記されます。 レポートは、宝石の寸法および色とクラリティの等級のみを記載します。 これは何世紀も前、天然素材を作業しているカット職人は原石の元の重量をなるべく多く保持しようとするため、プロポーションがしばしば狂ってしまったということを、GIAが認識しているためです。

オールドヨーロピアンカットと現代のラウンドブリリアントカットの間のスタイル

オールド ヨーロピアン カットは、現代のラウンドブリリアントの完成に向けての最後のステップでは決してありませんでした。 カット職人が新しいプロポーションを試し続けていたので、オールド ヨーロピアン スタイルと現代のラウンドブリリアントの間には多くの漸進的なステップがありました。

このTiffany & Co.(ティファニー社)の ブローチには、総重量約5カラットの7個のダイヤモンドがセットされている。 これらの石は、小さめのテーブルファセット(52~54%)と短いロワーハーフファセット、そして1870年~1950年頃には典型的であったカットのキューレットサイズが特徴的な「トランジショナル(過渡的)」ラウンドブリリアントで、とてもよく調和している。 写真:Robert Weldon、© GIA
このような歴史的なカッティングのスタイルの魅力への関心の高まりとともに、GIAには、オールドヨーロピアンの基準は満たしていませんが、かなり近いスタイルのダイヤモンドが多く持ち込まれています。 これらへの期待は、モダンラウンドブリリアントへの期待とはかなり異なっています。 このため、オールドヨーロピアンとモダンラウンドブリリアントの両方の既存のカテゴリーから外れたダイヤモンドに向け新たな記述を追加することを、GIAは決定しました。

サーキュラーブリリアントの名称

GIAは、厳密にはオールドヨーロピアンではなく、現代の基準を満たすカットでもない古いスタイルのダイヤモンドへの検討を試みました。 以前、GIAのグレーダーは、石をラウンドブリリアントとして現代の基準に基づいてグレードするか、もしくはオールドヨーロピアンカットとして、カットグレードなしで色とクラリティのみを記録するかを決定しなければなりませんでした。

判断基準を確立し、これらのダイヤモンドを定義しやすくするために、GIAは業界のメンバーと検討し、ディーラーから多くの過渡的なカットの見本を借りました。 その目的は、以下のとおりです。

  •  歴史的なカッティングアプローチを反映する古いスタイルのラウンドのための新しい記述を作成する
  •  モダンラウンドブリリアントのパラメーターに合わせた成形がなされなかったダイヤモンドに対して、カットグレードが適用されないようにする
  •  粗末なカットのモダンラウンドブリリアントが、グレードを受けずにGIAカットグレーディングシステムを通過するのを防ぐ
GIAの研究では、古典的なオールドヨーロピアンカットではなく、モダンラウンドブリリアントでもない、多くのダイヤモンドがあることが明らかにされました。 また、これらはモダンラウンドブリリアントカットとしてよくカットされたもの、もしくはひどくカットされたもののどちらにも見えませんでした。

多くの場合これらのダイヤモンドは、 オールドヨーロピアンカットのスタイルに似通っていましたが、GIAが求めるプロポーションパラメーターを満たしていませんでした。 大抵、キューレットはやや大きい、あるいは大きめだったのですが、多くのサンプルは中間のキューレットでした。 テーブルファセットのサイズは43パーセントから62パーセントと幅があったので、新しいカテゴリの標準としてこのパラメータを使用するのは困難でした。 ほとんどの石に共通する2つの特徴として、短いロワーハーフファセットと短いスターファセットが挙げられます。

このレビューに従って、GIAは58面ラウンドブリリアントの新しい記述を導入することを決定しました。 この新しいカテゴリーに入る石の要件は次のとおりです。

  •  ロワーハーフファセットの長さ:60パーセント以下
  •  スターファセットの長さ:50パーセント以下
  •  キューレットサイズ:中間以上
GIAのレポートでこれらのダイヤモンドに使用される新しい記述は、「サーキュラーブリリアント」(=円形ブリリアント)となりました。ダイヤモンドがGIAグレーディングレポートでサーキュラーブリリアントという名称を受けるためには、3つの基準すべてが満たされなくてはなりません。 この名称は、そのダイヤモンドがモダンラウンドブリリアントではないことを認識し、初期のラウンドダイヤモンドに対する記述であることを示しており、歴史的なオールドヨーロピアンカットの定義を変更しないものです。

この図は、サーキュラーブリリアントのファセット配置を示している。 ©GIA
新しいサーキュラーブリリアントの名称が使用される前、GIAはこれらのパラメーターにあてはまらないダイヤモンドはモダンブリリアントカットとしてグレードしていました。 オールドヨーロピアンカットと同様に、この新しいカテゴリに分類されたダイヤモンドのレポートには、カットグレードが記載されません。

これらのダイヤモンドは、過ぎ去ったロマンチックな時代を連想させます。 短いロワーハーフファセットが、同等サイズのモダンラウンドブリリアントカットに見られるものとは異なる明暗のパターンを生み出し、そのパターンを好む消費者がいます。 サーキュラーブリリアントという用語およびそれを定義するためのパラメーターを確立することで、GIAはこれらのアンティークのダイヤモンドのユニークな性質を評価しています。

 

Duncan Pay は、カリフォルニア州カールスバッドのGIAコンテンツ開発にてGems & Gemology(宝石と宝石学)の編集長を務めています。

筆者は、GIAカールスバッドでカット研究のプロジェクトマネージャーを務めるAl Gilbertsonに対し、この記事のレビューを行い、様々なブリリアントカットの動画を提供していただいたことに感謝します。また、カリフォルニア州カールスバッドのGIAコンテンツ開発にてデジタルメディアの専門家を務めるNancy Powersには、動画をビデオに編集していただいたことに感謝します。