GIA 4Cカラー



GIAのDからZのカラースケールの例

ダイヤモンドのカラーにおいては、見えないことが重要になります。 ダイヤモンドは、どの程度無色に近づいているかにより評価されます。色が無いほど、価値が高くなります。 (例外としてピンクやブルーなどのファンシーカラーダイヤモンドがあり、こうした色はカラーグレードの色の対称外となります。)宝飾品店に見られるほとんどのダイヤモンドは、わずかに黄色または茶色がかった、無色またはほぼ無色のものです。

GIAのダイヤモンドカラーグレードスケールは業界標準となっています。 評価は、無色を表すDで始まり、色が最も濃い、ライトイエローまたはライトブラウンとも呼ばれるZまで続きます。 各アルファベットのグレードは、観察される色について明確に定義された範囲を示します。 ダイヤモンドは、一定の照明と厳密な観察条件の下で既知の色の石と比較することによってカラーグレードされます。
 



このようなカラーの差異の多くは非常に微妙なため、訓練されていない人の目には見分けがつきません。 しかしこれらのわずかな違いは、ダイヤモンドの品質と価格に非常に大きな違いを生じます。

 

GIAのカラーグレーディングシステムがDから始まる理由は?

GIAがD‐Zカラーグレーディングスケールを開発する以前は、他の様々なシステムが漠然と使用されていました。 これらには、アルファベット(A、B、C。最高級の石には複数のAを使用)や、アラビア数字(0、1、2、3)およびローマ数字(I、II、III)などが含まれ、「ジェムブルー」や「ブルーホワイト」のような言葉が使用されていました。その結果、これらのグレーディングシステムは一貫性を欠き、不正確でした。 GIAカラースケールの考案者たちは既存のシステムとは一切関係のない新しいシステムを設立するため、それまで最高品質に関連付けられていなかった文字のDから始めることにしました。