特集

アリゾナ州ロードトリップ:ワイルドウエストから誕生した宝石と鉱物の産地


Placeholder Alt Text
2019年のTucson Gem & Mineral Show(ツーソンジェム&ミネラルショー)のテーマは「ウルフェナイトは愛されている」。石基に含まれているこの33.80gのウルフェナイト結晶は、アリゾナ州レッドクラウド鉱山から産出された。Donald MilikenおよびRuth Millikenによる寄贈品。写真撮影:Orasa Weldon/GIA

アリゾナの風光明媚な砂漠と山の風景は、近代的なワイルドウエストのロードトリップに完璧な背景画となります。また、宝石の産地へとロードトリップを満喫しながら鉱山を研究すると、西洋映画の台本にふさわしいほど素敵な物語が明らかになります。

Red Cloud(レッドクラウド)鉱山 (ラパス郡)

水へのアクセスがほとんどなく、質素な休憩所のみがあり、険しい地形の砂漠にある鉱山で炎天下で作業をすることは非常に苛酷でした。また、自分以外は誰にも頼れない状況であったため、西部の騒々しいこの鉱山町では殺人につながったこともよくありました。

 

この記事で登場する鉱山、地域、町の場所、およびそれらに到達するために使用される道路を示すアリゾナ州の地図。
この地図は、アリゾナ州の鉱山や町、宝石が発見される地域の場所を示す。

アリゾナ州の南西の角に位置するRed Cloud(レッドクラウド)鉱山では、1800年代後半のゴールドラッシュとシルバーラッシュの日々を舞台に、富、犯罪、贖いの物語が展開されます。探鉱者のWarren Hammondは、1880年にアリゾナ州Yuma(ユマ)で散弾銃を質に入れ、後にラパス郡シルバー地区となる地域で権利を主張するために北に向かいました。彼は有望な鉱脈を掘り当て、初期のスペインの探検家が使用した山道に因んで、その鉱山をレッドクラウドと名付けました。

銀鉱山は100人の鉱夫を雇用するほど成長し、近くのサイレント町は鉱物を分析するオフィス、ホテル、ダンスホール、酒場などができて繁栄しました。地元の歴史によると、ある酒場のオーナーは、自己防衛を主張するライバルによって銃撃され、追放されて、後に郵便局長に任命されました。

レッドクラウド鉱山の銀は長い間分散しており、鉱山は閉鎖されていますが、そこで発見される鉱物、ウルフェナイト(モリブデン鉛鉱)は世界中のコレクションで登場しています。ウルフェナイトは、そのイエローオレンジとレッドオレンジの色だけでなく、高い光沢を放つため世界最高の鉱物の一つとして知られています。

エキゾチックなサンゴのように見えるブルーアジュライトとグリーンマラカイトのフリーフォームの作品。
アリゾナ産アジュライトより制作されたこの優雅なフリーフォームの彫刻は、マラカイトがアクセントとして添えられている。寄贈:Larson家 写真撮影:Orasa Weldon/GIA

Bisbee(ビスビー)

近日行われるTucson Gem & Mineral Show(ツーソンジェム&ミネラルショー)に出席した後、州間高速道路10号線を南に約2時間運転し、Bisbee(ビスビー)を訪れてみましょう。ビスビーは、由緒ある博物館、アートギャラリー、鉱山ツアーなどをお楽しみいただける伝統のある旧西部の鉱山町です。

全盛期のビスビーは危険で荒れ果てた遠隔地で、アメリカ・インディアン部族のアパッチ族が入植者から土地を守るために山々や渓谷を歩き回っていました。盗賊は荒れ果てた地域に避難を求め、通過する脆弱な人々が犠牲になっていました。

ビスビー地域では、数十万トンの銀、銅、鉛、その他の鉱石が産出されました。しかし、この地域の遺産は、銀の探索中に発見された300種以上の鉱物に存在します。その中でも、アジュライト、マラカイト、トルコ石が、最もよく知られている鉱物です。

クリソコラの上にあるドゥルージークォーツ(右)とクリソコラの研磨された楕円形のカボション。
一部がドゥルージークォーツとなっている18.97カラットのフリーフォームの研磨済みクリソコラの宝石と33.30カラットの クリソコラの楕円形のカボション。両方ともアリゾナ州で産出された。寄贈:Bill Larson 写真撮影:Orasa Weldon/GIA

Ray(レイ)鉱山 (ピナル郡)

ツーソンの東85マイルに位置するRay(レイ)鉱山は、高速道路177号線沿いのスーペリアルから南へ約12マイルの場所にあるティーポット山の麓にあります。1870年代後半まで、地元のアメリカ先住民は銅鉱床で働いていました。1880年までに近代的な採掘事業が開始しましたが、1905年に鉄道が建設されたため鉱石を加工用に出荷することが可能になりました。

レイ鉱山は、天然の銅結晶の双晶、クリソコラ、マラカイト、クォーツ、カルセドニーで有名です。ASARCOが所有するレイ鉱山の運営と装置は、毎日午前7時から 午後2時 または夕方まで見学することができます。

 

茶色、黄色、オレンジ、緑と紫の色を示す、フリーフォームにカットされたファイアー アゲート。

Galiuro(ガリウロ)山脈

レイ鉱山から州間高速道路70号線で東に向かうと、サフォードの南西にあるGaliuro(ガリウロ)山脈の麓の東部に到着します。この地域はディアクリーク ファイアー アゲートで有名です。この地域には採掘権のある場所がいくつかあるので、私的所有権に配慮して訪れることをお勧めします。

通常、自分で探査する前に、採掘権の所有者に相談することが常に賢明とされています。

三角形の形をしたパープルレッドのアメシスト。
フォーピークス鉱山から産出されたこの28カラットのアメシストは、この産地の特徴とされる赤のきらめきを放つ。提供: Mineral Company, Inc.  写真撮影:Robert Weldon/GIA

Four Peaks(フォーピークス) アメシスト鉱山、Fountain Hills(ファウンテンヒルズ)

Four Peaks(フォーピークス)アメシスト鉱山は、フェニックスから北東の約2時間の場所に位置しており、Tonto National Forest(トント国有林)のフォーピークス自然保護区域の遠隔地にあります。この鉱山から産出されるアメシストは、豊かな紫色の色相を示し、赤と青の輝きを放ちます。このアメシストは、業界でシベリアンアメシストと呼ばれています。シベリアンアメシストは稀少であり、その色と稀少性のためコレクター向けの宝石とされています。

冒険好きの方は、アリゾナ州、Fountain Hills(ファウンテンヒルズ)の業者に連絡をし、ヘリコプターやジープで行うフォーピークス鉱山の見学を予約することをお勧めします。

ダイヤモンドが中心にあり、スリーピングビューティー鉱山産トルコ石の花びらを特徴とする2つの花のイヤリング。
スリーピングビューティー鉱山から産出されたトルコ石が、18Kホワイトゴールドにセットされ、0.83カラットのダイヤモンドがアクセントとして飾られたこのイヤリングで注目の的となる。提供:Andrew Sarosi、ロサンゼルス 写真撮影:Robert Weldon/GIA

Sleeping Beauty(スリーピングビューティー)鉱山、Globe(グローブ)

San Carlos Apache Reservation(サン・カルロス・アパッチ保留地)に向かう途中、Sleeping Beauty(スリーピングビューティー)鉱山があるGlobe(グローブ)という町を通過します。この鉱山は米国で最高品質のトルコ石を産出していましたが、2012年にトルコ石の代わりに銅の採鉱に注力するようになりました。

San Carlos(サン・カルロス)アパッチ保留地、Peridot(ペリドット)

サン・カルロス・アパッチ保留地および文化センターは、フェニックスから国道70号線で東へ135マイル、約2時間半の場所にある町、Peridot(ペリドット)の近くにあります。この町は、世界最大のペリドットの鉱床に因んで名付けられました。ペリドットの採鉱は、保留地の住民にのみ権利が与えられています。鉱山労働者は、手工具を使ってペリドットを採掘し、バケツに集めます。この保留地では、ガーネットも発見されることがあります。

8個のペリドットの原石。
これらのペリドットの原石は、アリゾナ州サンカルロスから産出された。寄贈:John FurhbachおよびPatricia Fuhrbach 写真撮影:Robert Weldon/GIA

化石の森国立公園、Holbrook(ホルブルック)

アリゾナ州北東部にあるPetrified Forest National Park(化石の森国立公園)を訪れずに、アリゾナ州のロードトリップを完了したとは言えないでしょう。Holbrook(ホルブルック)近くの州間高速道路40号線沿いのFlagstaff(フラッグスタッフ)の東110マイルに位置する、この国立公園の南部は色彩豊かな珪化木で溢れています。国立公園や国定記念物から動植物や岩石などを採取および持ち帰ることは固く禁じられています。採取が可能な地域については、Bureau of Land Management(土地管理局)までお問い合わせください。

このアリゾナ州のロードトリップで宝石や鉱物を発見するのは非常に難しいことですが、旅行中の体験は貴重な思い出となるでしょう。

Sharon Bohannonは、写真の研究とカタログ化、そして記録を行うメディア編集者であり、GIAよりGG™およびAJP®を取得しました。Richard T. Liddicoat 宝石学図書館情報センターに勤務しています。