ガーネットの歴史と伝承


Placeholder Alt Text
Smithsonian National Museum of Natural History (スミソニアン国立自然史博物館)のコレクションであるアンティークのパイロープの髪飾り - Chip Clark、Smithsonian Institution (スミソニアン学術協会)提供
数千年前、レッドガーネットのネックレスはエジプトのファラオの首を飾り、来世のための珍重の財産としてミイラ化した死体とともに埋葬されていました。 古代ローマでは、彫刻が施されたガーネットがあるシグネットリングを使って、ワックスにスタンプをして重要な書類を封印していました。
 
カーバンクルという言葉は、ほぼすべての赤い石のために使われていましたが、多くの場合はレッドガーネットを指すために古代で用いられていました。 カーバンクルは神によってソロモン王に与えられた4つの貴重な石の一つであると考えられていました。
 
数世紀後、ロー​​マの学者プリニウスの時代(紀元23年から79年まで)は、レッドガーネットは最も広く取引された宝石のうちのひとつでした。 中世(およそ紀元475年から1450年まで)ではレッドガーネットは、聖職者や貴族に好まれていました。
 
レッドガーネットは、1500年頃に中央ヨーロッパで有名なボヘミアンガーネット鉱床が発見されたため、入手しやくすくなりました。 この産出地は、1800年代後半にピークを迎えることとなった、この地域の宝石業界の中心となりました。