ガーネットについて


Placeholder Alt Text
ガーネットには広範な宝石のタイプと色があり、カットのスタイルも選択肢が広いことを、多くの人は知らない。
ガーネットは、近縁種である鉱物が集まったグループで、ほとんどすべての色が揃う宝石です。 赤いガーネットには長い歴史がありますが、現代の宝石バイヤーは豊かな色彩のガーネットを選ぶことができます。その色はグリーン、オレンジ、ピンクがかったオレンジ、深く彩度の高い紫がかったレッド、さらにブルー系などもあります。
 
レッドガーネットは、最も一般的で普及している宝石のひとつであり、すべての大陸において変成岩(熱と圧力によって変質された岩石)で発見されます。 しかし、すべてのガーネットが赤いガーネットのように豊富にあるわけではありません。 グリーンガーネットであるツァボライトも変成岩に見られますが、形成には独特な岩石の化学組成および特別な条件を必要とするため希少です。
 
デマントイドは、希少で有名なグリーンガーネットです。スペサルティン(スペッサライトとも呼ばれます)はオレンジガーネット、ロードライトは、美しい紫赤色のガーネットです。 ガーネットは、希少な宝石であるアレキサンドライトと同様のカラーチェンジ現象を示すこともあります。
 
全てのガーネットは、基本的に同じ結晶構造を持っていますが、その化学組成が異なります。 ガーネットには20以上の種(バラエティ)がありますが、そのうち5つのみが、宝石として商業的に重要です。 その5つとは、パイロープ、アルマンディン(アルマンダイトとも呼ばれます)、スペサルティン、グロシュラー(グロシュラライト)、およびアンドラダイトです。 6つめのウバロバイトは、グリーンガーネットですが、通常は結晶が小さすぎてカットに適しません。 時折、ジュエリーにクラスタとしてセットされることがあります。 多くのガーネットは、2つまたはそれ以上のガーネット種の化学成分が混合したものです。

グループ、種類、品種に関するチャートの見方を理解する
ガーネットは、多くの異なる種類の色を持つ近縁種が集まった鉱物種のグループです。