2020年 継続教育モジュール

2020年継続教育認定プログラムのモジュールにアクセスができるようになりました。継続教育認定プログラムの受講証明を取得するには、2020年12月31日までに8つのモジュール全てを完了してください。

課題1 公表日: 2020年2月3日

地理的な起源の判定

宝飾業界では、長い間、カシミール産ブルー サファイアやミャンマー(ビルマ)産ルビーなど、特定の場所から産出された宝石がプレミアム価格で販売されています。しかし、これらの貴重な産地から採鉱される宝石に匹敵する石は、他の産地でも発見されます。価格が適切であるかどうかに関わりなく、有名な産地から採鉱された宝石には最も高い価格がつけられます。このため、石の地理的起源を判定することで、価値に数百ドル、もしくは数千ドルもの違いが生じることがあります。今月、GIAでカラーストーン サービス部門グローバル ディレクターを務めるShane F. McClureが、さまざまなカラーストーンの地理的起源を判断する際にラボが直面する課題について説明します。

これは2020年継続教育認定プログラムの最初の課題です。課題やGIA eラーニング コース、マルチメディア アーカイブなどを含むコース全体に暦年の末までアクセスできます。継続教育認定プログラムの修了証書を取得するには、2020年12月31日までに8つのすべての課題を必ず完了させてください。

地理的起源の判定に関する詳細は、Gems & Gemology(宝石と宝石学)の2019年冬号「地理的起源に関する特別号」をご覧ください。