作業ヒント#9:カラットゴールドの純度テストに試金石法を使用する

GIA ジュエリー製造アーツ講師

試金石法

Play ビデオ
金の純度を正確に測定するための科学的方法はいくつかあり、試験品にダメージを与えるもの(ファイアー分析)とそうでないもの(X線蛍光)があります。 どちらの方法も、高価な設備、特別な手順および明るく換気のよい場所が必要となります。 ジュエリーの金の純度を決定するためのより簡単​​な方法は、比較的ジュエリーにダメージを与えず迅速に結果が出る昔からの手法「試金石」テスト法です。
           
使用上の注意: 試金石テストは酸を使用するので、安全性に細心の注意を払ってください。  慎重な手順が必須となります。
           
試金石テストは、24Kゴールドが最も強力な酸を除くすべてに対する耐久性を持つという事実に基づいています。 金が純粋であればあるほど、溶解するために強力な酸が必要です。 硝酸を使った溶解の測定値は、14k以下の金を検査するために使用されます。 王水(濃硝酸1と濃塩酸3を足した混合物)は、比較および除去のプロセスで、高カラットの金の純度テストに使用されます。
           
試金石テストを行うには、酸テストキット(ジュエリーツール販売業者で入手可能)、換気の良い場所、ガラスビーカー2つ、水、重曹、保護手袋、320グリット研磨紙、安全メガネ、およびペーパータオルが必要です。
           
試験キットには試験ニードルのセットが含まれます。 各ニードルには、先端にカラットゴールドのサンプルがついており、側面にカラットの値が書かれています。 イエローゴールドのテストにはイエローゴールドの針を、ホワイトゴールドのテストにはホワイトゴールドの針を使用してください。
           
石に既知のサンプルをこすり、各試験石にラベルを付けます。
すでに純度がわかっている試料は、ニードルにラベル付けされています。 石にこれらのサンプルをこすり、試験石にラベルを付けます。
まず検査する金のジュエリーに他のスタンピング(例:品質マークやメーカーのマーク)がないか確認し、重量、色、反射率等の特性をメモします。 検査する品が金でないと思われる場合、彫刻ツールを使用し、ジュエリーの目立たない場所に小さな切り込みを作り、金属を露出させます。 次に、保護手袋を着用し、小さな切り込みに18Kゴールド試験ボトルから酸を垂らします。 発泡性の高い緑色が生じてきた場合、その品が卑金属であることを示すので、さらなる試験の必要はありません。
           
反応が僅かまたはほとんどない場合、カラットゴールドである可能性が高く、次に純度テストを行います。 次の手順に従います。
• カラット純度が不明のジュエリーを試験石上で前後に静かにこすり、細いけれどもはっきりと見える金属試料を残します。 この時、ジュエリーのはっきりと目立たず、はんだ接合部から離れた部分をこするようにしてください。
• 検査ニードルを使って、検査する金属を意味する疑問符を試金石に描きます。
• まず、14Kテスト針を用い、先ほどの検査金属の試料の横に次の層をこすります。 「14」とラベルを付けます。
• 18K、22K、10Kの試験ニードルで同じプロセスを繰り返して層を作り、ラベルを付けます。 10K用テストとラベルが付けられたボトルを選び、試金石上のすべての試料の線を軽く横切るように薬剤を置きます。
• 約20〜40秒待ってから、重曹と水の混合物を入れたビーカーに試金石を入れて酸を中和させた後、別のビーカーで水洗いします。
• ペーパータオルで試金石を拭い、観察します。 10Kサンプルは溶解しましたが、検査金属はまだ残っています。 これは、検査金属が10Kよりも純度が高いことを示します。
• 次に、14K用テストとラベルが付けられたボトルを選択し、先ほどと同様にサンプル全体を横切って検査薬を置きます。
• 酸が反応して中和するまで十分な時間待ってから、タッチストーンを水で流して拭き取り、観察します。 酸は10Kと14Kサンプルの両方を溶解しました。 従って、検査金属は14カラットまたはそれ以上だと分かります。
テスト結果を分析してカラットを決定します。
テスト結果を分析してカラットを決定します。
試金石は、次回また使用できるように常に十分に洗浄しておきます。 平らな面に置いた320グリットの研磨紙の上に試金石を裏向きに置き、石の表面から金属を除去します。 試料の線が見えなくなるまで、適切な圧力をかけて円を描くように磨きます。 キットに戻す前に、中和、洗浄、および拭き取り乾燥を行います。 酸の適切なケア、保存及び取扱いについては、製造元の指示に従ってください。

すべて表示
ベンチからのヒント

作業場からのヒント#2:オールドバー
GIA の Jewelry Manufacturing Arts instructors(ジュエリー製造・アーツ・インストラクター)によるアドバイスや技法
詳細

ジュエリーデザイナーになる

GIA は、ジュエリーデザインのプロを目指す学生のために学位や認定プログラムをいくつか提供しています。
 

こちらもご覧ください

小売業者様向けの情報
小売業者を検索
詳細を読む
キャンパスストアで買い物する
キャンパスストアで買い物する
詳細
品質保証の水準
詳細を読む
Gems & Gemology
G&G(宝石と宝石学) 2016年春号
詳細を読む (英語)