ジルコンの歴史と伝承


Placeholder Alt Text
ジルコンには宝石として豊かな伝統があり、依然デザイナーの間で人気を集めています。 - Mary Armatis(メアリー・アルマティス)、Armatis Fine Design(アルマティス・ファイン・デザイン)寄贈
多くの人々は、ジルコンのことを聞いたことはあるが、見たことがありませんでした。 これは、概ね1900年代初頭にダイヤモンド模倣品として無色ジルコンが幅広く使用されたからです。 それは、ずっと以前に一層もっともらしい類似品にその役割は置き換えられましたが、その名前は、依然として多くの人々に「模倣品」を意味しています。 ジルコンは、フォークロアと魅力を独自にかなり持っている美しい色の石であるので、それは残念です。

中世には、この宝石は、安眠を誘導し、悪霊を追い払い、富、名誉、および知恵を促進するものと考えられていました。

多くの学者は、この石の名前が「シナバー」とか「バーミリオン」を意味するアラビア語 zarkun に由来すると考えています。その他の人々は、ペルシャ語zargun、即ち「金色の」 が出所であると信じています。ジルコンの色の範囲を考慮すると、どちらの由来も可能に思えます。

ブルージルコンは、上質の宝石が1880年代以降英国の遺産宝飾品の中で往々特徴となったビクトリア朝時代の特別な愛好品でした。 ティファニーの有名な宝石バイヤーである宝石鑑定士ジョージ・クンツは、顕著なジルコン支持者でした。 同氏は、この宝石の火のような性質を奨励するために、かつて「スターライト」という名称を提案しました。 この名称はまったく根付きませんでした。