トルコ石の履歴と知識


Placeholder Alt Text
この15-16世紀のメキシコ(アステカ)芸術のアイコンアートは、おそらく儀式の場面で胸に着用されていました。 ©Trustees of the British Museum (大英博物館管理委員)
トルコ石は、世界で最古の宝石のひとつです。 考古学的発掘により、古代エジプトの支配者は、トルコ石の宝飾品で身の廻りを飾っていたこと、また中国の職人が3000年以上も前にそれを彫刻していたことが明らかになりました。 トルコ石は、チベットの国家的宝石ですし、健康、幸運、および悪からの保護を保証する石と長いこと考えられていました。

この宝石の名前は、フランス語の表現、ピエール・トルキュース、即ち「トルコの石」に由来します。この名称は、13世紀が起源ですが、この物質がおそらくトルコのソースから最初にヨーロッパに到着したという事実を反映しています。

トルコ石は儀式の宝石であり、米国南西部では米国先住民族にとって物々交換の手段でした。 彼らはまた、宝飾品ーやお守りとしても使用していました。 アパッチは、弓とか銃器にトルコ石つけると狩猟者や戦士の正確さが増すと信じていました。

シルバーバックルのトルコ石
トルコ石とシルバーのバックルとトリムが、この革のベルトに南西部の雰囲気を添えます。
トルコ石は、豊富にあり広範囲のサイズで入手可能です。 これは、ビーズ、カボション、彫刻、およびインレイに使用されます。 消費者によく知られていますが、主流の宝飾品業界ので人気には波があります。 最大かつ最も永続的な市場は、アメリカ南西部です。 それは、他の場所でも、その空のブルーと共に、その地域の謎とロマンに魅了された顧客の間で人気があります。

Bird of Paradise(楽園の鳥)
トルコ石は、サファイアと結合し、この魅力的な「楽園の鳥」の中にエメラルド、ルビー、およびダイヤモンドを彫刻します。この18カラットのゴールド・クリップ・ブローチは、1940年代半ばに作られました。 - © GIA、Tino Hammid (ティノ・ハミッド)、個人収集家提供
米国では、トルコ石は、12月の誕生石の一つです。 (ジルコンが、その月の他のオプションです)。

ハンガリー カフ ブレスレット
このハンガリー製カフブレスレットは、美しいトルコ石カボションとエナメルを組み合わせたものです。 - ジンジャー・モロ提供