トルマリンのお手入れとクリーニングガイド


Placeholder Alt Text
トルマリンは、モース硬度スケールで7~7.5に当たる。
硬度と靭性(じんせい)
宝石や鉱物の硬度はモース硬度スケールで測定されます。 モース硬度の数字はある1つの鉱物が他の鉱物によって傷つけられることの相対的な容易性または困難性に基づいています。 しかし、モース硬度には紛らわしい面もあります。 モース硬度を代表する鉱物間の硬度の間隔は均等でありません。 例えば、ダイヤモンドは数字上ではコランダムとはたったひとつしか離れていませんが、コランダムの宝石よりも何倍も硬いのです。
 
トルマリンは、モーススケールで7~7.5です。 その靭性は、普通と判定されます。

安定性
トルマリンは一般的に光に対して安定性があり、化学薬品にさらされても影響を受けませんが、熱によって損傷を受けることがあります。 高温で色が変化することがあり、また急激な温度の変化(熱衝撃)でフラクチャーが生じる恐れがあります。

一部のトルマリンは、色を改良するために処理されている可能性もあります。 トルマリンで最も重要な二つの処理は、加熱と照射です。

トルマリン
左の石は、望ましいパライバの色にするために加熱処理されている。 右の紫系の色をした石は、液体インクルージョンを含有しているので加熱処理はされなかった。 - 提供:Nomad's Company
加熱処理で生じる変化は、安定しており看破できません。 液体インクルージョンが多数ある宝石は、加熱処理に耐えることができません。

照射により変化した色は、熱や明るい光にさらされると褪せることがあります。

クリーニング
温かい石鹸水を使用するのがトルマリンを洗浄するための最良の方法です。 超音波洗浄器やスチームクリーナーの使用はお薦めできません。