タンザナイトについて


Placeholder Alt Text
タンザナイトには、強力な濃いバイオレティッシュブルーのものがある。
タンザナイトは鉱物ゾイサイトの紫青色から青紫色の変種です。商業的に採鉱されている地域は世界で一つ、タンザニアのメレラニ・ヒルズで、タンザナイトの名もこの地に由来します。

ブルータンザナイトの結晶
1960 年代に青紫色の結晶がタンザニアで初めて見つかったとき、
この新しい結晶が何か誰にも分からなかった。慎重な宝石学的調査により、これは
ゾイサイトの透明な変種と判断され、この宝石はタンザナイトとして知られるように
なった。- Jeff Scovil、提供:Marcus Budil Collection(Marcus Budil コレクション)
タンザナイトの外観は、多色性によって大きな影響を受けます。多色性とは、宝石を異なる結晶方向で見たときに異なる色を示す性質です。タンザナイトの多色性は、発見されてからまもなく学術論文に記載されました。1969 年に、American Mineralogist(アメリカ鉱物学者)誌ではこの宝石の多色性を「赤紫、濃青、黄緑」と記述しています。現在ではほとんどの宝石は熱処理されていて、黄緑色や茶色がかった多色性の色を除去したり低減させているため、青色とすみれ色が最大限に活かされます。

最高品質のタンザナイトは高級サファイアの色と同様に、すみれ色がかった青色か、独特なすみれ色が強く見られる色相になります。カット職人が宝石の方向をどのように作り出すかによって、紫の色合いが濃く出る場合もあります。カットされた石では優しく揺らしたり傾けたりしたときに、そのすみれ色と青色の多色性の色を容易に見ることができます。つまり、すべてのタンザナイトはこれら多色性の色を溶け合わせて持っているということです。正確なフェイスアップの色は、もともとの原石の固有な色、サイズ、カッター職人がカット石の配向を決めたときの多色性の色、カット石を見る光によって決まります。日中光と同等の蛍光のような冷たい光はタンザナイトの青色を強調し、また白熱灯のような温かみのある光はすみれ色や紫色をさらに引き立てます。

他のカラーストーンと同じように、色が濃く鮮やかなタンザナイトは非常に人気の高いアイテムです。軽い色合いのパステル色は鮮やかな色のものよりも品数が豊富で手頃な価格になっており、独自の繊細な魅力があります。

29.22カラットのタンザナイトリング
この 29.22 カラットのタンザナイトは深いすみれ色がかった青色で、ミッドナイト ブルーとも呼ばれている。- 提供:Tanzanite Foundation™( タンザナイト財団™)