日長石品質要因


この11カラットの バイカラーの日長石は、その色だけでも非常に高い価値があります。 しかし、アベンチュレッセンスとユニークなカットによる魅力的な外観が、その価値をさらに高めています。 – ロバート·ウェルドン
カラー
ほとんどのサンストーンは黄色、オレンジ色、または茶色のボディカラーです。 緑は非常にまれです。 大きなインクルージョンが魅力的で、輝く反射を作成し、小さなインクルージョンは、任意のボディカラーの上に赤みを帯びた、または黄金の光沢を作成します。 サンストーンインクルージョンはヘマタイト、銅、または他の鉱物であってもよいです。

2.40カラットの ファセットカットされたバイカラーの宝石が、珍しい緑と黄色の組み合わせを示しています。 宝石職人は、この9.36カラットのような原石の珍しい色を 表現する方法を模索します。 – ロバート·ウェルドン
これらの上質の宝石は、オレゴン州プラッシュの鉱山地区で採掘される日長石の色を表わしています。 – Jeff Scovil(ジェフ・スコヴィル)、提供:Jeff Scovil
オレゴン州のサンストーンは、銅インクルージョンを含む透明長石です。 それは無色ならびに淡黄色、美しいアベンチュレッセンスを持つピンク、オレンジ、赤、緑、または青緑色を含む多種多様な色からなります。 赤バージョンはしばしば「赤いスピネル」として販売され、その鮮やかな色相(その硬度ではない場合)は、スピネル、あるいはルビーにさえも匹敵します。

ポンデローサ鉱山産の深紅の日長石は、レッドスピネルとして販売されています。 この種類の日長石はスピネルやルビーほど硬質ではありませんが、同等レベルに美しい鮮やかな緋色の色相をしています。 – Bart Curren(バート・カレン)
いくつかのオレゴン州のサンストーンは、二色か三色、そして希少な少数の表示色の変化のどちらかです。 現在、トップディープグリーン、ディープレッド、あるいは強い二色のサンストーンは、極細と考えられています。

いくつかのサンストーンは、2色であり、フリースタイルのデザイナーカットのために理想的です。
(下)。 これらはまた、この素敵な32.80カラットのように、三色である場合があります。 オレゴンサンストーン(上)。
カットは彫刻家の芸術の素晴らしい例です。 - ティノ・ハミッド(下);マハ
トーマス、提供:ダスト・デビル·マイニング·カンパニー、ビーバー、オレゴン州(上)
カット
サンストーンは、デザイナー宝飾用の絶妙なファンタジー・カットから、メーカー用の正確なカリバーカットまで、幅広い形や大きさに利用可能です。

幻想的にカットされたこの「ドリームスケープ」日長石は、宝石デザイナーのJohn Dyer(ジョン・ダイアー)によって製作された。 - Lydia Dyer(リディア・ダイアー)、宝石提供:John Dyer & Co.(ジョン・ダイアー社)
カリバーカットの日長石は、大衆市場向けの生産や特別注文の宝飾品のデザインに使用できます。 – Valerie Power(ヴァレリー・パワー)、提供:Desert Sun Mining & Gem Co., Inc.(デザートサン鉱業・宝石社)
透明性
すべてのオレゴン州のサンストーンは、銅の内包物が生み出す特別な光沢があります。 光沢は、インクルージョンが実際のアベンチュレッセンスを作成するのに十分でない場合であっても存在します。

12倍拡大の顕微鏡写真で、オレゴン州のポンデローサ鉱山から産出された宝石のインクルージョンが見られます。 - Shane F. McClure(シェーン F· マクルーア)、提供:E. J. グベリンコレクション

これらのオリゴクレースサンストーンのカボションは、魅力的なアベンチュレッセンスの輝きを示します。 - エドワードグベリン、提供:エドワード J. グベリン博士コレクション
カラットの重量
サンストーンは、比較的大きなサイズもありますが、ほとんどのカリバーカットの石は1カラット以下です。

この希少な146.07カラットのサイズ の灰曹長石のサンストーンは、背後のサンストーン、ムーンストーンおよびその他の宝石をを小さく見せます。 - テリー・ワイマー、提供:ブルームーンエンタープライズ