スピネル説明


Placeholder Alt Text
ピンクからレッドのスピネルは、宝石愛好家の間で需要が高まっています。 - プライベートコレクターおよびカスタム·エステート宝石のモナ·リー・ネセッスのご好意
ガーネットとダイヤモンドのようなスピネルは、すべての結晶方向に同じ物理的性質を有する単独屈折率です。 これはキュービック水晶系に属し、その特徴の水晶形は八面体で、二つのピラミッドが背中合わせで接しているように見えます。 よく形成されたスピネル水晶は、自然界ではかなり一般的です。

スピネルの結晶とカットストーン
スピネルの標本は、格別の水晶から美しくカットされた石まであります。 ジェフリー・スコビル、バーカー&カンパニー提供
スピネルは、八面体水晶とは根本的に異なるように見える平らな水晶を形成することができます。 この扁平形は、八面体を形成するピラミッドが成長時に互いに回転するときに発生します。 科学者は、これを「双晶」として記述します。普通、きれいな色の双晶からカットされた大きい宝石は、浅く、釣り合いだけというより全体的な美しさに基づいて判定すべきです。

スピネルの宝石と原石
手前のスピネルの宝石はスリランカ産ですが、原石の結晶はミャンマー産です。 右から2番目の結晶は八面体です。 他の結晶は成長中に回転し、扁平になります。 科学者たちは、それを双晶と呼びます。
宝飾品として使用されるスピネルは、同じ結晶構造を共有する一群の鉱物の小さな一部です。 しかし、そのすべてが宝飾品用途に適した透明な水晶を形成するとは言えません。 スピネルは、オレンジから強力な「ストップライト」レッド、鮮やかなピンク、全てのパープル陰影、ブルー、そしてバイオレットからブルーイッシュグリーンとすべての色合いから広範囲の色相を提供します。
強烈なレッドおよびピンクは、少量のクロムが原因で起こります。 クロム含有量が高ければ高いほど、レッドの色相が強くなります。。 オレンジおよびパープルの石は、鉄とクロムの混合物がその色を出します。

様々なスピネルの色
スピネルには、美しいレッド、ピンク、パープル、ブルーの色があります。
バイオレットからブルーのスピネルは、微量の鉄で色づけることができ、活気に満ちたブルーは、少量のコバルトがその飽和した色を出しています。