ルビー歴史と伝承


Placeholder Alt Text
オズの魔法使いの50周年を記念して、ハリー·ウィンストンは4600のルビーが設置された本物のルビーのスリッパを作成しました。 - Harry Winston(ハリー・ウィンストン)提供
赤は、私達の最も強い感情、つまり愛と怒り、情熱と憤慨の色です。 それは速い車や赤いバラのような、力と欲求の対象物に関連しています。 古代の文化において、静脈を流れる血液の赤みに類似しているためにルビーは貴重に扱われ、ルビーは生命の力を有すると信じられていました。
 
ルビーは最も歴史的に重要なカラーストーンの一つです。 ルビーは聖書の中で4度も言及されており、美しさと知恵のような特性に関連付けられています。 古代サンスクリット語では、ルビーは ratnaraj つまり「貴重な石の王」と呼ばれていました。
 
紀元1世紀に、ローマの学者プリニウスは、その硬度と密度を記述し、彼の『博物誌』にルビーを記載しました。 古代のヒンズー教徒は、神クリシュナに素晴らしいルビーを提供した者は、皇帝として甦えることができると信じていました。
 
ヒンズー教徒はルビーを4つのカーストに分け、真のオリエンタルルビーをバラモンと呼びました。 バラモンを所持する者は、完璧な安全を得る利点があると信じられていました。
 
ルビーは何世紀もの間に、多数の伝説を蓄積してきました。 インドの人は、ルビーによってその所有者は、敵と平和に生きることができると信じていました。 ビルマ(少なくとも紀元前600年からのルビーの原産地、現ミャンマー)では、戦士たちが戦いで無敵となるよう、ルビーを持っていました。 しかし、ルビーを着用するだけでは十分ではありませんでした。 彼らは、ルビーを肉体に挿入し、自分の体の一部としなくてはいけなかったのです。

ルビーという名前は「赤」のラテン単語 ruber (紅色)に由来します。ルビーの輝く赤色は、石の中で燃えて消すことのできない炎、しかも洋服を通しても輝き、水を沸騰させるような炎を示唆していました。

ルビーは神によって作られた12の石で最も貴重なものと呼ばれてきました。
 
ルビーは、西洋文化の誕生とともにその重要性を維持し、ヨーロッパの王室や上流階級に最も求められる宝石の一つとなりました。 多くの中世ヨーロッパ人は、健康、富、知恵、そして恋愛の成功を保証するためにルビーを身に着けていました。
 
ルビーに対する欲求は今日も、過去と同様に多きなものです。 情熱の象徴として、ルビーはロマンチックな贈り物に理想的です。 富や成功の象徴でもあるため、消費者はその豊かな色にも惹かれます。