ローズクォーツ品質要因


Placeholder Alt Text
このファセットカットされたローズクォーツのブリオレットは18.29カラットでした。 そのパステルカラーは、やさしいピンク色で知られるこの宝石の美しい例です。 - ロバート·ウェルドン、グリーンウッドグループの提供
ローズクォーツの柔らかい半透明または淡いピンクから濃いピンクの色合いは、宝石愛好家だけでなく、結晶コレクターにもアピールします。

カラー
ローズクォーツは、非常に薄いピンク(ほぼ白)から中くらい、濃いピンクに至るまで、その繊細なピンクの色からその名前を得ています。

これは、カラーゾーニングを含むいくつかのクォーツの品種を見ることも珍しくありません。 このローズクォーツは豊富な色の紫・ピンクの領域を示します。
透明性
小さなインクルージョンが、ほとんどのローズクォーツの半透明の外観に影響をおよぼしています。 最高級品質の水晶は、多くの場合透明なので通常はファセットされます。

小さな破砕は上質なファセットローズクォーツであっても、曇った外観を引き起こす可能性があります。 - Robert Weldon(ロバート•ウェルドン)
カット
ローズクォーツ中のインクルージョンは、宝石がカボションカットされると、6つの光線を放つ星を作り出すことがあります。 これはまたファセットまたはビーズに作られる可能性があります。

この170カラットでのカボションカットは、アステリズムと呼ばれる6つの光線を放つ星の形をした印象的な輝きの効果を可能にします。 この170カラットのローズクォーツの価値を高めます。 - Ricardo Cardenas(リカルド·カルデナス)
カラットの重量
ローズクォーツは宝石デザイナーや宝石彫刻家を刺激するのに十分な大きさのサイズが提供されています。 より大きなサイズの従来の宝石は、多くの場合より強い色を表示します。

宝石デザイナーのジョン·ダイアーのリーガルラディアントカットは、この63.37カラットローズクォーツの柔らかいピンク色とその大きなサイズを引き立てます。 この170カラットのローズクォーツの価値を高めます。 - リディアダイアー、ジョン·ダイアー·アンド·カンパニーの宝石提供
18Kゴールドのアクセントがあるローズクォーツに彫刻された精巧なビオラは、「宝石のシンフォニー」コレクションで紹介されています。 この宝石「オーケストラ」は、ドイツのイーダー·オーバーシュタインのローター・ヘルマンによって彫刻されました。 – ロバート・ウェルドン、寄贈:Art Sexauer