ストーリーの背景

チープサイド秘蔵コレクションの撮影


Placeholder Alt Text
Hazel Forsyth(ヘーゼル・フォーサイス)、ロンドン博物館・中世およびポスト中世コレクション上級学芸員。 Kevin Schumacher(ケビン·シューマッハ)/ GIAによる画像。
GIAの写真およびビジュアルコミュニケーションのマネージャーであるRobert Weldon(ロバート·ウェルドン)は、数年前にチープサイド秘蔵コレクションについて雑誌で読んでいましたが、この宝物を初めて見たとき彼は非常に驚きました。
 
「それは全く予想していないことでした。」と彼は言いました。 「警備員を通り過ぎて博物館の地下室に行ったのです。なぜ警備員がいるかをあなたも知っているでしょう。そして突然、洗濯室ようなエリアが目の前に広がったのです。 全員が息をのみました。 突然、素晴らしい宝石が入った20のテーブルがあることに気がつきました。」
 
彼とビデオ撮影家のKevin Schumacher (ケビン·シューマッハ)は、長時間に渡ってスタッフのインタビューを撮影しました。 このコレクションは、ビリヤード台のような大きなテーブルの上の様々な台座に設定されていました。
 
「この瞬間がどれほど重大なものなのかはすぐには分かりませんでした。」とWeldon(ウェルドン)は言いました。 「やっとこの宝を自分の目で見ることができたのです。 それらが作られた時代や16〜17世紀の宝石取引のタイプのために特定の宝石が重要であることについて話をするインタビューに焦点が当てられてのはその時でした。」 
 
物流 
 
Weldon(ウェルドン)は、GIAがGems & Gemology(宝石と宝石学)の記事でチープサイド秘蔵コレクションを記録するための機会セッティングに尽力しました。 米国に本拠を置くダイヤモンドディーラーのAlan Bronstein(アラン·ブロンスタイン)に博物館館長のSharon Ament(シャロン・アメント)を紹介された彼は、博物館に連絡を取りました。 その1週間後、彼とSchumacher(シューマッハ)はロンドンに向かいました。 
 
「これは、この宝を詳しく観察し、その信じられないほどの重要な歴史に関与する一生に一度の機会でした。」とWeldon(ウェルドン)は言いました。 
 
これは、限られた数のスタジオを訪問して可能な限り最高の写真を撮影するというプレッシャーがWeldon(ウェルドン)にかかっていたことを意味します。
 
「博物館のスタジオスペースがどようなものになるかを知ることなく、これらのアイテムを撮影する方法を考え出す必要がありました。 そして、スタジオに送ることには税関や許可証の問題が関与することが分かっていました。」と彼は言いました。 「従って、3〜4インチの厚さに折りたたんでスーツケースに入れることができる小さなスタジオを自分で作ったのです。 カメラと照明は機内持ち込み手荷物として運びました。 適切にミニスタジオをテストする機会はありませんでした。
 
「何でもないように見えますが、撮影する前に何が必要であるかを理解するスキルと共に使用するのです。」と彼は言いました。 「コレクションの上級学芸員のHazel Forsyth(ヘイゼル・フォーサイス)は、作品を手で取り扱うことを許可せず、ステージを下に置き、そして要望に応じて移動させました。」 
 
Weldon(ウェルドン)とSchumacher(シューマッハ)は、朝8時半から1日中博物館で仕事をし、様々な展示物の文書化およびチープサイド秘蔵コレクションについてのスタッフへのインタビューを行いました。 
 
「インタビューが進行につれ、私は自分がインタビューを行う側だったにも関わらず徐々に心配になりました。」とWeldon(ウェルドン)は言いました。 「時間が押していたためであり、いつになったら20個のチープサイドを撮影できるんだろうと考えていました。」
 
写真撮影は4時にやっと始まりました。 博物館のスタッフが追加の撮影時間のために特別な手配をしたので、彼は6時半に仕上げることができました。
 
「あのような多くの重要な作品をわずか2時間で撮影するの事実上前代未聞です。」とWeldon(ウェルドン)は言いましたが、彼はこのことを誇りに思っています。 「私はできるだけ多くの写真をとることが重要だと感じました。これには時間が余計にかかりましたが、それぞれの作品には信じられないほど多くの物語があるので、私は幸せでした。」
 
一生の仕事
 
Weldon(ウェルドン)は、チープサイド秘蔵コレクションに関する2冊の本を書いたHazel Forsyth(ヘイゼル・フォーサイス)に対してほぼ2時間のインタビューを行いました。 
 
「私は彼女のことを考えると感動を覚えます。彼女は、このコレクションを理解するために専門家としての人生の大部分を捧げたのです。 この宝物は彼女の日々の仕事の中心であり、彼女は地球上の誰よりもこのことを知っています。」と彼は言いました。 「彼女は、どのようにして作られたのか、またその時代においてどのような意義があったのかを知っています。 また、この宝を隠したのが誰であったのかを突き止めるために多くの作業を行っています。」 
 
彼は、彼女との話がワインボトルの開栓のようだと言います。
 
「突然、この素晴らしい信じられないような知識が噴出するのです。」と彼は言いました。 「そして、彼女はその宝飾品についての別の側面について話し始めるのです。宝飾品を見て、どのような歴史があるかを話すことができるのです。 彼女は宝石に対して信じられないほどの畏敬の念を持っています。」
 
持続的な印象
 
「なぜ宝石鑑定士になったのか、またこれは以下に素晴らしい取引であるかを思い出させてくれます。」とWeldon(ウェルドン)は言いました。 「これまで研究たことのすべてが目の前にあるのです。」
 
エメラルドは1530年代にヨーロッパ人によってコロンビアで発見され、1500年代が終了する頃にはヨーロッパに持ち込まれたことを知っている彼は、彫刻が施されたエメラルドの時計に特に魅了されました。
 
「これはコロンビア産の壮大なエメラルドです。コロンビア産のエメラルドは、世界にそのような信じられないほどの印象を与えました。」と彼は言いました。 「その後、その時点で100年の歴史があったヨーロッパの時計技術は、この国際的なフージョン宝石の作成に貢献しました。」
 
「この宝石は誰かの手で細工が行われており、それを見ることは時間を超越するようなものです。 この宝を床の下に埋めようと考えたのは誰なのか、もしくはどのグループの人達なのかを考えずにはいられません。 そしてその人物に何が起こったのか?それは謎です。」
 
これらの質問に魅了されると彼は言いました。
 
「Forsyth(フォーサイス)からヒントがあり、また2014年4月まで開催されるロンドン博物館での展示も強い手がかりを提供していますが、チープサイド秘蔵コレクションの秘密はまだ解明されていません。」