研究

GIAのLiddicoatポスドク特別研究員プログラムへの応募



Karen Smitは、走査型電子顕微鏡を使用して、試料のトポグラフィー又は組成物およびダイヤモンド内部の成長構造を観察している。 彼女の左側の画面では、ダイヤモンドに含まれている硫化物の組成マップが見られる。 6つの異なる色で示される画像は、検査する部分にわたる特定の元素の分布をマッピングする。 彼女の右の画面は、真珠の表面に見られる特徴を示している。
2014年から2016年までGIAの博士研究員を務めていたKaren Smitは、現在GIAの研究科学者である。 彼女は、走査型電子顕微鏡を使用して、試料の形状又は組成物を画像に記録し、ダイヤモンド内部の成長構造を観察している。 写真撮影:Jian Xin (Jae) Liao/GIA

Richard T. Liddicoatポスドク特別研究員プログラムは、「近代宝石学の父」と称されるGIAの元社長に敬意を表して、2014年に設立されました。1~2年間のこの特別研究員プログラムでは、キャリアの浅い科学者が、鉱物学、地質学、物理学、物質科学並びにダイヤモンド、カラー宝石、真珠やこれらの処理の研究など宝石学に関連する他の分野でのフルタイムの学術研究を追求するのを奨励します。ダイヤモンドの研究活動は、ダイヤモンド地質学、欠陥物理学と合成石の基本的な科学的問題を検討します。

このプログラムの特定のトピックは、各研究員の興味、専門知識、およびGIAの研究ラボのニーズに応じて特別に作成されています。GIAで研究を行う目的で使用できる宝石は他に類を見ないものであり、フィールドジェモロジィ部門が入手した素材など、原石および研磨された天然石、合成石および処理された宝石を利用できます。GIA内で研究に使用できる装置は、FTIR、UV-Vis-NIR吸収、ラマン、フォトルミネセンスおよびEPR分光計、EDSおよびCL分光法および画像処理を備えたSEM顕微鏡、レーザーアブレーションICP-MS、レーザー切断および研磨用設備を備えたCVDダイヤモンド成長ラボなどです。また、GIAは外部の研究施設へのアクセスを容易にします。

研究員、GIAの経験豊富な研究者やジェモロジストが、GIAのラボに提出される宝石を力を合わせて検査し、研究します。

ポスドク特別研究員プログラムでは、1年間の給与($60,000以上)および承認された場合は現地外での研究活動のための研究資金や旅行補助金が支給されます。また福利として、医療保険および歯と目の保険が含まれており、引っ越しに係る費用が支払われる場合もあります。任期は1年間となっていますが、相互の合意に基づいて、2年間に延長することが可能です。

志願者は、開始日の前に、好ましくは3年以内に 関連分野の博士号を取得している必要があります。優れた口頭および書面による英語力と高度の科学論文を出版できる能力が必要とされます。志願者は、必要に応じて国内および海外に出張することがあります。また、出版物のリスト、3〜5ページの研究提案書、および2通以上の推薦状を履歴書とともに提出する必要があります。

志願者はGIAの研究部の顧問と可能となる研究課題について話し合うことをお勧めします。下記のGIAの研究顧問までご連絡ください。
Wuyi Wang(武夷王)
Mike Breeding
Ulrika F.S. D’Haenens-Johansson
Sally Magaña
James Shigley

主な職務と責任:

主に、ダイヤモンド、様々な種類のカラー宝石(コランダム、ベリル、スピネル、ガーネット、クォーツ)、真珠の鉱物学、結晶学、地球化学や宝石学に関連する基本的な科学的問題に重点を置いて研究を行います。また、宝石に関連した機器の開発も手掛ける可能性があります。ダイヤモンドの研究では、ダイヤモンド地質学、ダイヤモンドの物理学と合成ダイヤモンドの成長メカニズムにおける基本的な科学的問題、および宝石学に関連するその他の科学的な問題が含まれます。

  • 研究の特定の焦点は、志願者の興味、専門知識、およびGIAの研究とラボのニーズによって異なる
  • 分光計、化学分析、X線撮像システムおよびその他の研究用具を利用して分析を行う
  • 国際会議や学術誌でGIA内部および外部に向けてプレゼンテーションや研究成果の発表を行う
  • さらに日常業務として、データの収集と解釈で支援を行うこともある
  • 任務や必要に応じて、その他の義務に従事する

技術的資格(知識、スキル、能力):

  • 英語で科学分野のスタッフとコミュニケーションができ、また公表用に科学記事を執筆する能力
  • 必要に応じ、国内または海外出張を厭わないことが強く望まれる。

教育と経験:

  • 博士号: 認定大学の科学分野。過去3年以内に取得していることが望ましい
  • 研究に関連した提案
  • 科学分野および生産スタッフとの英語による優れたコミュニケーション能力
  • 公表用に科学論文を執筆する能力、国内または海外出張を厭わないことが強く望まれる

特別研究員に応募する方法をご覧ください。プログラムとその要件に関する詳細については、researchcareers@gia.eduまでEメールにてご連絡ください。

現在および過去の研究員

Tingting Gu (2016~2019年)
Anatoly Muchnikov(2016~2017年)
Evan Smith (2015~2017年)
Elena Sorokina (2015~2016年)
Aaron Palke (2014~2016年)
Karen Smit (2014~2016年)
Mandy Krebs (2018年~現在)