真珠の品質を決定する要因


Placeholder Alt Text
このコレクションには、様々な美しい養殖真珠が含まれている。 ゴールドがかった白のルースのラウンド養殖真珠のほかに、よくマッチしたラウンドでホワイトのストランドや楕円形でパステルカラーのストランドがある。
天然または養殖真珠の珠あるいはジュエリーの全体的な価値を決める品質要素は、サイズ​​、形状、色、光沢、表面の質、真珠層の質、そして、2つ以上の真珠を使ったジュエリーの場合はそれらのマッチング(連相)です。

サイズ:価値を決定する他の品質要素が等しい場合、大きな真珠は希少なので、同じタイプの小さな真珠よりも価値が上がります。

パール
南洋養殖真珠をつくる貝のほうが、
日本産海水養殖真珠をつくる貝よりも大型である。 そのため、より大きな粒を生み出す可能性が
ある。 -Bob & Maria Pratsch提供
南洋養殖真珠
養殖真珠には様々なサイズがあり、南洋養殖真珠に関しては大きなサイズに大きな需要がある。 - Paspaley (パスパレイ)提供
形状:ラウンドは養殖真珠において形成するのに最も困難な形ですので、当然のことながら、最も希少な養殖真珠となります。他のすべての品質要素が同等であれば、最も高価値となるのが一般的です。 ただし例外があります。 きれいなペアシェイプ、オーバル、バロック(不規則に形成されたもの)の養殖真珠は真珠愛好家たちに珍重されています。

日本の海水養殖真珠 形を分類する際、真珠のタイプが異なると基準も変わる。 日本の海水養殖真珠は、形に関して最も厳しい基準に沿って管理されている。 上から下に、これらのストランドは、ラウンド、ほぼラウンド、セミバロック、バロックの形に分類されている。
:天然および養殖真珠は、広範囲の色合いで産出されます。 イエロー、オレンジ、ピンクのような暖かみのある色合い、そして、ブルー、グリーン、バイオレットといったクールな色合いがあります。 真珠には、明〜暗の広範囲の色調があります。 真珠の色は、柔らかく微妙な質をもった淡い色調に抑えられる傾向があります。

日本の海水養殖真珠
これらの日本産海水養殖真珠は、ほとんどの消費者が真珠に求めるホワイトの色をしている。 - Paljoue International Inc.(パルジュ・インターナショナル社)提供
  タヒチ海水養殖真珠
養殖真珠には、驚くほどさまざまな色のものがある。 これらのタヒチ産海水養殖真珠は、まるでネオンライトのような濃い色をしている。 - Frank Mastoloni & Sons, Inc. (フランク・マストローニ&サンズ社)提供
真珠の色は次の3つで成り立っています。 地色(ボディカラー)は、その真珠を支配している全体的な色です。 干渉色(オーバートーン)は真珠の地色にかかっている1つまたは複数の半透明の色です。 オリエントは、真珠の表面またはその直下に見える、イリディセントの虹色の輝きです。 すべての真珠は地色を示していますが、干渉色やオリエント、またはその両方を持っているのは一部です。

フランス領ポリネシア産天然真珠
仏領ポリネシア産のこれらの天然真珠は、ダークグレー~黒の地色をしている。 左の真珠の干渉色はほとんどグリーンだが、中央の真珠にはピンクとグリーンのオリエントがみられる。
需要と供給により、その時点での真珠の色の価値が決まります。 需要の高い色をもった高品質の真珠の供給が少ない場合、これらの価格は異常に高いレベルまで上昇することがあります。 ファッショントレンドや伝統文化のようなその他の複雑な要素が、色の好みに影響を与える場合もあります。

光沢: 光沢は7つの真珠評価要素のうち最も重要かもしれません。 光沢は、天然や養殖真珠にその独特の美しさを与えます。

  • エクセレント - 反射が明るくはっきりと見える
  • ベリーグッド - 反射が明るくややはっきりと見える
  • グッド - 反射は明るいがはっきりとしておらず、縁の反射はわずかにぼやけて見える
  • フェア - 反射は弱く、ぼんやりしている
  • プア - 反射はほの暗く広がっている
一つの真珠のタイプの中では、他の価値要素が等しい場合、光沢が高ければ高いほど、その真珠の価値は高くなります。

日本の海水養殖真珠
これらの日本の海水養殖真珠は、上から下に向かって、それぞれエクセレント、ベリーグッド、グッド、フェア、プアの光沢を示している。 隣り合うストランド間の反射の強さの差はわずかだが、見た目で確認できる。
真珠ネックレス
南洋海水養殖真珠は、多くの場合、美しいサテン調の光沢を呈している。 - King Plutarco, Inc(キング・プルタルコ社)提供
表面の質:カラーストーンのように、ほとんどの真珠が完璧ではありません。 中には、表面に傷跡が連続しているように見える擦り傷があるもの、あるいはその基本的な形には影響のない扁平な部分を持つもの、または折り目やしわのように見える不規則な隆起のあるものが見られます。

表面の傷が多いものやひどいものは、真珠の耐久性に影響を与え、その価値を著しく低下させることがあります。 表面の傷は、数が少なかったり、またはドリルであけた穴や取り付けによって隠されるほど小さい場合、真珠の美しさと価値にはあまり影響がありません。

真珠層の質:光沢と真珠層の質は密接に関連しています。 核が真珠層の下に見えている場合、または真珠が光沢のない白濁した外観の場合、真珠層が薄いとみなすことができます。 これは、真珠の光沢だけではなく、耐久性に影響を与えます。

マルチカラーのタヒチ養殖真珠  
真珠層の品質の高さは、これらの美しいマルチカラーのタヒチ養殖真珠の光沢のように、多くの場合、
魅力的な光沢をもたらす。 -ニューヨーク州 Armand Ascher Pearls提供
マッチング:宝飾品デザイナーは、ユニークな効果を出すために、時には意図的に、色、形、大きさを混合し組み合わせることもありますが、ほとんどの真珠ストランド、イヤリング、または他の複数の真珠を使うジュエリーでは、真珠の品質要素は全て一致している必要があります。

ホワイトの南洋養殖真珠ストランド  
この白い南洋養殖真珠のストランドは、すべての価値要素がよく一致している。 さらに
多彩な色合いを持っている場合でも、マルチカラーのストランドは良くマッチすることを考慮すべきである。
-ニューヨーク州 Armand Ascher Pearls提供