アイオライトの品質要因


Placeholder Alt Text
カッターは、このアイオライトの色と透明度の長所を最大限に引き出し、ジュエリーに使用できるユニークな彫刻を施した宝石に加工した。 – Lydia Dyer、宝石提供:John Dyer & Co.
手頃な価格で魅力的なアイオライトは、様々なジュエリーに使用されます。 アイオライトは大きなサイズや、最も目の肥えたカラーストーン愛好家を満足させるような美しく強い色のものが見つかることがあります。

カラー
アイオライトには2つのきわだった特徴があります - 鉄に由来する、美しいすみれ色がかった青色からかすかにスミレ色がかった青色の色合いと、そして目で確認できる強い多色性の2つです。 その多色性の色は、アイオライトの地色とは異なります。 バイオレットのアイオライトは、明るいバイオレット、暗いバイオレット、そしてイエローブラウンの多色性を示します。  青いアイオライトは、​​無色からイエロー、青味がかったグレー、暗いバイオレットの多色性の色を発します。 角度によっては、青みがかったアイオライトは実際に完全な無色または黄色に見え、紫がかったアイオライトは茶色に見えることがあります。 灰色がかっていたり、ほぼ無色のものもあります。

この魅力的なアイオライトは、フェイスアップで最高の色を出すために、巧みにカットされた。
クラリティ
アイオライトは、普通、ほとんどインクルージョンがなく、透明です。 どのような形のものもありますし、美しい効果を見せるために彫刻が施されたものもあります。

アイオライトは、様々な特殊効果を引き起こすインクルージョンを含むことがあります。 長く平行な、管状インクルージョンを含んだアイオライトが見つかることがあります。 適切にカットされると、これらの石はキャッツアイ効果を見せます。

多数の金属の、板状インクルージョンを含むと、アイオライトは、アベンチュレッセンスとして知られているキラキラ光る効果を見せるようにカットすることができます。 金属片が茶色がかったり色が赤みを帯びている場合、「ブラッドショット(充血した)」アイオライトとして販売されることがあります。

茶色や赤色を帯びたインクルージョンによって、この「ブラッドショット」アイオライトが作られている。
カット
アイオライトは、通常、比較的インクルージョンが少なく透明なので、ほとんどの場合、ファセットカットされます。 しかし、アイオライトはカボションや彫刻にもカットすることができます。 これらは特に材料がやや低い品質である場合は、しばしばビーズとして使われます。

カラット
今までに成形されたアイオライトのサイズは、1~10カラットですが、5カラットを超える上質なアイオライトは希少です。