宝飾品のお手入れのコツ


Placeholder Alt Text
ジュエリーの入念な洗浄とお手入れは、永遠にその美しさを楽しむことを意味します。 提供:Omi Privé

宝飾品は、私たちにとって最も親密で大切なアクセサリーの1つです。 大切な宝飾品のお手入れ方法を理解することは、その美しさを維持し、代々受け継がれた家宝を何世代にもわたって輝かせることになります。

光や熱には注意してください

太陽の有害な光線が、私たちの皮膚にダメージをを与えるように、光と熱は色付き宝石の耐久性と色に影響を与えます。 過度の時間の経過とともに、アメジスト、クンツァイト、トパーズ、シェルカメオなどの宝石の一部は、色が薄くなったりダメージを受ける可能性があります。 パールやアイボリー(象牙)などのデリケートな素材は極度の光にさらされると色褪せます。 沢山の光にさらされた場合、特に琥珀などの他の宝石は、時間経過と共に色が暗くなることがあります。

1860年頃に製造されたこのフランスの18Kイエローゴールドとダイヤモンドのフェザー・ブローチなどのヴィンテージジュエリーは取り扱いに非常な注意が必要です。お手入れには、水だけですすいで柔らかく毛羽の出ない布で拭いてください。 写真:David Behl、 © Janet Mavec & GIA.

過度の熱や急激な温度変化も一部の宝石を砕けさせることがあります。 これらの宝石が美しさを保つのに必要な天然の水分は、熱によって簡単に取り除かれてしまいます。 例えば、真珠は乾燥して割れたり変色することがあります。 オパールは白や茶色に変色したり小さなひびができたりし、その遊色効果が失われる場合があります。

宝飾品は熱に近づけないでください。

化学物質への曝露はゴールドやシルバー、プラチナなどの貴金属を損傷させたり変色させたりし、色付き宝石に損害を与える場合があります。 ヘアスプレーやローション、香水、化粧品などのように毎日使うものでも、パールなどデリケートで多孔質の宝石の表面に永久に損傷を与えます。 高級宝飾品は、塩素消毒されたスイミングプールに入る前、もしくは家庭用洗剤を使用する前に取り外さなければいけません。 これら洗浄剤の多くにはアンモニアが含まれており、繊細な宝石や年代物の宝飾品に強過ぎることがあります。 一般的な家庭用溶剤の塩素系漂白剤は金合金に穴を開けたり損傷することがあります。

処理された宝石は特別なお手入れが必要です

カラージェムストーンは外観の色やクラリティを向上するために定期的に処理が施されています。 これらの処理が熱や溶剤、スチームクリーナ、超音波洗浄器などで悪化する場合があります。 お持ちの宝石が処理されたものかを知ることがそのお手入れの仕方を知るファーストステップです。 GIAレポートには宝石についてやこれまで受けた可能性がある検出可能な処理についての大切な情報が記載されているので、ご利用ください。

超音波洗浄器は、注意してご使用ください

超音波洗浄器は150ドル未満で購入できますが、すべての宝石やジュエリーがこの洗浄器で安全に洗浄できるものではありませんので、ご注意ください。

超音波洗浄器は次の場合は洗浄に使用しないでください。

  • 表面にまで達している亀裂が油、樹脂、ガラスのような物質で充填されている宝石の原石
  • 過度の熱や急激な温度変化も一部の宝石を砕けさせることがあります。 これらの宝石が美しさを保つのに必要な天然の水分は、熱によって簡単に取り除かれてしまいます。 例えば、真珠は乾燥して割れたり変色することがあります。 オパールは白や茶色に変色したり小さなひびができたりし、その遊色効果が失われる場合があります。

    宝飾品は熱に近づけないでください。

    化学物質への曝露はゴールドやシルバー、プラチナなどの貴金属を損傷させたり変色させたりし、色付き宝石に損害を与える場合があります。 ヘアスプレーやローション、香水、化粧品などのように毎日使うものでも、パールなどデリケートで多孔質の宝石の表面に永久に損傷を与えます。 高級宝飾品は、塩素消毒されたスイミングプールに入る前、もしくは家庭用洗剤を使用する前に取り外さなければいけません。 これら洗浄剤の多くにはアンモニアが含まれており、繊細な宝石や年代物の宝飾品に強過ぎることがあります。 一般的な家庭用溶剤の塩素系漂白剤は金合金に穴を開けたり損傷することがあります。

    処理された宝石は特別なお手入れが必要です

    カラージェムストーンは外観の色やクラリティを向上するために定期的に処理が施されています。 これらの処理が熱や溶剤、スチームクリーナ、超音波洗浄器などで悪化する場合があります。 お持ちの宝石が処理されたものかを知ることがそのお手入れの仕方を知るファーストステップです。 GIAレポートには宝石についてやこれまで受けた可能性がある検出可能な処理についての大切な情報が記載されているので、ご利用ください。

    超音波洗浄器は、注意してご使用ください

    超音波洗浄器は150ドル未満で購入できますが、すべての宝石やジュエリーがこの洗浄器で安全に洗浄できるものではありませんので、ご注意ください。

    超音波洗浄器は次の場合は洗浄に使用しないでください。

    さらに、機械が作る振動は宝石の裸石を揺らしたり、ガードル接触で設定している宝石を砕いたりします。

    このようなタイプの宝石のクリーニングは宝石のさまざまな素材について理解し、超音波洗浄機をいつどのように安全に使うかについてよく理解している宝飾品の専門家に任せるのが一番です。

    最も安全な洗浄方法は最も簡単でもあります

    カラージェムのほとんどは温水と刺激の少ない食器用洗剤(合成洗剤はだめ)、柔らかなブラシで洗浄できます。 パルス式デンタルクリーニング器具と柔らかい糸くずの出ない布を使用することもできます。 宝飾品を直接、シンクですすぐと裸石や宝飾品全体さえもなくしてしまう危険があるので、洗浄液を取り除く際にはコップに水を入れてその中ですすぐようにしてください。

    パールのような柔らかい宝石は傷がつきやすいです。 新品で清潔なメイク用ブラシと温かい石鹸水でそっと洗ってください。 パールのストランドはタオルの上に置いて乾かします。 濡れた蚕糸は伸びやすく、ほこりを引き付けるので、完全に乾くまでストランドに触らないでください。 よく使ったパールのストランドは年に一度張り替えます。

    [Asset Included(Id:1356019000948;Type:GIA_Image)]

    安全な宝飾品の保管

    宝石を適切に保管することは見落とされがちです。 宝飾品は引き出しの中やドレッサーの上に放り投げると、宝石を傷つけたり損傷させたりするのを要求しているようなものなので、絶対に放り投げないでください。

    ほとんどの宝石は店舗の箱や袋に入って来て、そこが保管するのに最適な場所です。 例えば、純銀は変色防止袋や布に入れて保管されるべきです。 リング用のパッド入りスロットやネックレスやブレスレットをつるすポストが個々についたジュエリーボックスに収納するのが最適です

    [Asset Included(Id:1356019055390;Type:GIA_Image)]

    パールやオパールは空気から湿気を引き付けるので、安全な金庫のような乾燥した場所にオパールやパールを収納することは益となるよりも害となることがあります。

    旅行の際には、別々の箱やケースに詰めて傷など衝撃を受ける損傷から宝飾品を保護します。

    宝飾品店の多くは、指定期間(宝飾品は6か月ごとの検査と頻繁なクリーニングが必要です)に無料検査や専門家によるクリーニングを提供しています。 専門的な研修を受けた評判の良い宝石商を探してください。手始めに、友人や家族にお奨め店を尋ねるのもいいでしょう。 GIAの小売業者検索は、GIAで訓練を受けたスタッフを抱える最寄りの宝石商を見つけることができます。

    休暇のご予定ですか?旅行のためのジュエリーの詰め方ヒント10をご覧ください。