真珠:永遠のファッション性


永遠にファッショナブルな真珠
提供:Atelier Marisa(アトリエ・マリサ)のご厚意
宝石店の真珠カウンターは、魅力的な場所です。 古代に発見されて以来、これらの魅惑的な宝石は美しさと完成度を表しています。 真珠は、歴史、美しさ、神話そして優雅さの象徴として数限りない物語に登場し続けてきました。
 
世界初の天然真珠の産地であるアラビア湾は、何世紀にもわたって天然真珠を産出し続けてきました。 アラビア湾からの天然真珠は、その透明で光沢の高い真珠層が注目に値します。 紅海およびマナー海峡の真珠と共に、これらは「東洋の真珠」と呼ばれて高く評価されています。
 
真珠の魅力の一部は、その有機質の起源にあります。それは生きている動物、母貝に由来しています。 そして、真珠がわずかに多孔質であるため、着用するにつれて、真珠は肌に対して暖かく感じます。 つまり、人と宝石がひとつになるのです。  
 
現在入手可能な様々な真珠の選択肢は圧倒的な数です。 色、サイズ、および形と金属および他の宝石を、指輪、ネックレスおよびイヤリングに組み合わせることで、事実上無限の組み合わせが可能です。
 
このため真珠の宝飾品を買いに出かける前に、基本を理解する必要があります。 あなたは天然真珠と養殖真珠のどちらをお探しですか?大きさ、光沢や色の面で探すポイントをご存知ですか?どのような価格帯に興味がありますか?真珠の外観を向上させるためにどのような処理がなされているかご存知ですか?これらはすべて、購入前に考慮すべき良い質問です。
 
市場にでている天然真珠と養殖真珠の種類、および真珠の価値を決定する要因を知っている小売業者は、あなたが真珠を探す際に非常に貴重なリソースを提供することができます。
 
その前に知っておくと便利な基本を幾つかお教えします。
 
真珠は天然のものと養殖されたものがあり、海水または淡水で生息する母貝の中で育ちます。 これらは、一般的に真珠層(殻の内側をコートする真珠貝が生産する天然物質)の形として炭酸カルシウムの層で構成されています。 この美しい光沢のある真珠層が真珠の本質です。
 
天然海水真珠
天然真珠は非常に稀少です。 アラビア湾は、天然真珠の最も重要な原産地であり、すべての真珠の70〜80%は1950年代までここで採取されました。 バーレーン島は北西インドおよび現在の中東との貿易の中心地でした。 4000年前の真珠が1989年に発見され、古代バーレーンのディルムン植民地での発掘調査によって、真珠の採取は少なくとも3000年前から続いていることが確認されました。
 
アラビア湾からの天然塩水真珠は、ピンクターダ・ラディアータ黒蝶貝から採取されます。 ペルシャ湾の真珠は白から濃いクリーム色で、非常に明るい黄色、クリーム色、および非常に明るいピンクを特徴とする紅海やマナール海峡産のものと比べると、もっと黄色がかっている傾向があります。 また、紅海は強烈なピンク色や明るい紫色から暗い紫色の範囲の濃い色相を持つ真珠を生産します。
 
天然海水真珠は、バハカリフォルニア、ベネズエラ、ミャンマー、中国、日本、インド、フランス領ポリネシア、オーストラリア、およびアフリカでも時折見られます。これらの地域では、養殖真珠産業も発達しています。
 
海水養殖真珠
アコヤ真珠について尋ねたら、ほとんどの場合、日本と中国で真珠貝アコヤ貝)から採れる、白くて丸い、光沢のある宝石だという答えが返って来るでしょう。 ほとんどのアコヤ養殖真珠は、ホワイトまたはクリーム色で、一部にはわずかなロゼ(ピンク)やグリーンが見られます。 アコヤ貝は比較的小さいので、通常は9mmを超える養殖真珠は生産されません。 真珠貝(アコヤ貝)からの天然真珠は非常に稀少です。
 
タヒチ養殖真珠は1970年代から市場に出回るようになったばかりで、エッグプラントパープル、ピーコックグリーン、メタリックグレー、灰色がかったブルーなどの色があります。 それらを生産する母貝(アコヤ貝)はフランス領ポリネシア原産であり、この地の他に、クック諸島、フィジー、オーストラリア、ニュージーランドで養殖されています。
 
南洋養殖真珠は、世界最大の真珠貝の一つ(白蝶貝)から採れ、養殖真珠は15mm以上あります。 これらは、オーストラリア、ミャンマー、フィリピン、インドネシアで養殖されています。 南洋の養殖真珠は他の色であることもありますが、シルバー、白および黄色(「ゴールド」とも呼ばれます)が最も一般的です。
 
淡水養殖真珠
中国の真珠養殖業者は、世界中の淡水養殖真珠の圧倒的大多数を生産しています。 これらの養殖真珠は色が大きく異なり、一般的に海水養殖真珠よりも手頃な価格です。 サイズはアコヤ養殖真珠に匹敵し、2mmから13mmありますが、現在ではより大きなサイズも入手可能です。 スフレから火球にいたる魅力的な新しい養殖真珠は、劇的なさまざまな色で中国から出現しています。
 
米国で主に真珠養殖に使用されるムール貝は、「洗濯板」M. nervosaです。 淡水養殖真珠の総数のごく一部のみが米国で生産されています。
 
真珠を選ぶ際に探すもの
ダイヤモンドや宝石に関する世界の第一人者であるGIAは、真珠の品質を評価するために真珠の説明システムを作成しました。 GIAの7つ価値要因として、大きさ、形、色、光沢、表面、真珠層があります。 必ず、これらの事項をあなたと一緒に検討するように、販売員に頼んでください。 
 
サイズ:他の宝石と同じように、より大きい真珠(ミリメートルで測定)は一般的に、より貴重です。 大きな真珠は、より稀少で高価になる傾向があります。 しかし、上質な真珠が小さく、低品質の真珠が大きいこともあるため、真珠の究極の価値は、価値要因の組み合わせの総合評価によって判断すべきです。
 
形:ラウンドは最も身近な形状で​​すが、さまざまな形(ラウンド、ほぼラウンド、楕円形、ボタン、ドロップ、セミバロック、バロック)があります。 その形に関わらず、左右対称な真珠は、不規則なものよりも価値があります。
 
色: 真珠の色とは、真珠の光沢内に見える微妙な色、主色以外の表面の色、主な地色、およびオリエントすなわち真珠が動く際に見ることができる「遊色効果」の組み合わせです。 養殖真珠は、暖い色(黄色、オレンジ、ピンク)から冷い色(青、緑、紫)に至るまで、微妙に異なるさまざまな色合いがあります。
 
光沢:真珠の表面または表面のすぐ下からの反射光の強さとその輝きは、真珠の美しさに大きく貢献しています。 宝石の内面から発する輝きの効果を醸し出します。 優れた光沢のある真珠は明るく輝くのに対し、光沢がないと暗くかすんで見え、価値が大幅に低下します。 上質のアコヤ真珠は明るく、鏡のような光沢を示す傾向があります。 他の真珠はより柔らかく、サテンのような光沢を特徴とします。
 
表面:表面が完全にきれいな真珠は稀少な宝物です。 稀少性は価値に影響を与えるので、このような真珠の価格は非常に高くなります。 表面特性(擦過傷、隆起、欠け、亀裂等)の数、性質、および位置が真珠の価値に影響を与える場合があります。 欠けていたり隙間がある場合など、多数の重度の表面の不均一性は、真珠の耐久性を脅かし、壊れたり表面が剥げる原因となるため、品質と価値がかなり低下します。 表面特性はマイナーで、より目立たない真珠のドリル穴の近くに位置している場合、それによって損なわれる真珠の外観と究極の価値はより少なくなります。
 
他の価値要因により、真珠の価値に対する表面の特性の影響を最小限に抑えることができる場合があります。 たとえば真珠が大きくて光沢が高い場合、わずかな表面特性を1つまたは2つ打ち消すことができます。 実際に、優れた光沢によって一部の表面特性は目立たなくなります。
 
真珠層:真珠層は、真珠そのものの本質であり、真珠層の厚さは価値に影響を与えます。 高品質の養殖真珠は、真珠がその美しさを示すのに十分な厚さを有しています。 
 
照合:真珠のネックレスや複数の真珠を含む作品内の各真珠の外観の均一性は、照合と呼ばれています。
 
真珠のお手入れ方法
自分の真珠を手に入れたら、お手入れの方法について、いくつか知っておくべきことがあります。
 
真珠の美しさを維持するためには一定量の水分が必要なので、銀行の金庫のような気密性や過度に乾燥した環境で保存しないようにしてください。 人間の体は、適切な量の水分を提供します。 頻繁に使用してきちんと手入れをすることで、真珠は50年間新品の輝きを保ちます。
 
真珠は宝石の中で最も耐久性がありません。 家庭やオフィスでの最も日常的なアイテムは真珠よりも硬いため、不要な接触は時間の経過ととも真珠を損傷させる可能性があります。 化学薬品は、最大の脅威です。 香水、メイクやヘアスプレーは真珠層を侵食する成分を含有しているため、永久的に鈍化させます。 多くのクリーニング製品にはアンモニアや塩素などの化学薬品が含まれており、金合金をへこませ、すぐに真珠を損傷させる可能性があります。 塩素を含むプールの水も危険です。 家の掃除や庭仕事をする場合は、真珠の宝飾品を着用しないでください。
 
真珠をきれいに保つ最良の方法は、理想的には毎回使用後に柔らかい湿った布を使用することです。
 
もっと詳しく知りたいですか?
この魅力的な宝石に関して理解を深めるためにコースの受講を考えてみましょう。 GIAは自宅で快適に学ぶことができる、宝石学eラーニングカリキュラムのオンライン真珠コースを提供しています。 真珠の原産地、どのように市場に至るか、そして品質を表すためのGIAの7つの品質要因など、その魅力的な世界をご覧いただけます。 または、講師によるGIAの1日パールグレーディングクラスで、淡水真珠、南洋およびタヒチ真珠の評価について学ぶこともできます。