チャンタブリの宝石交渉


チャンタブリ
毎週末開催されるチャンタブリの宝石市場では、セールスのオファーを待つバイヤーで混み合っています。 多くのバイヤーが、テーブルの前や背後の壁に、手書きで自分の欲しい取引について掲示しています。
花柄のドレスとサンバイザージッパーを身にまとった中年の女性が、ビニール袋を開いて机の上のブロッターに、研磨ルビーを注意深く並べます。その色が豊かに見える太陽の日の下に置くように。 机の向こうでは、ヒゲの濃いバイヤーが、ピンセットを使って商品の一山を念入りに調べ、掛かるだけの時間をかけながら1ダースの石を脇に置きます。 ディーラーは自分の計算機にカラットあたりの値段を打ち込みます。 バイヤーはカウンターオファーを打ち込んで提示し、取り引きが成立する迄二人は静かに交渉します。

タイ南東のチャンタブリ宝石市場では、買い手と売り手が共通の言語でないこともあり、計算機が共通の通訳者となります。  

チャンタブリ
チャンタ市場では、使い走りがオファーを待っている一方で、バイヤーが価値のありそうな研磨ルビーの一山を仕分けします。 タイ語を話さないバイヤーのため、計算機は、ユニバーサル通訳者として役立ちます。
採掘と取引が15世紀にはじまったことを考慮すると、チャンタの宝石取引は、何世紀にもさかのぼります。そして、今日もなお世界最大かつ最も活気のある宝石市場の一つとして残存しています。

タイは、世界でも有数の、カラーストーンのカッティングや取引の中心地の一つです。 2012年には、宝石価値6.5億ドル(650億円)(推定)を輸出し、タイの宝石宝飾品機関によると、そのサファイアはその約半分にあたります。 トレーダーのほとんどがその輸出拠点をカラーストーン業界の伝統的な中心地であるバンコクに構える一方、ほぼすべてのカッティングはチャンタブリで行われています。 人口約30,000人のこの町は、バンコクから150マイル南東、カンボジアの国境のパリンの、ルビーとサファイアの古い採鉱地区の近くにあります。

チャンタブリ
チャンタブルの戸外マーケットで、バイヤーがブルーサファイアの山盛りをチェックしている間、ディーラは残りのロットを手に待っています。
チャンタブルの宝石市場は、平日は比較的静かなところです。狭いSi Chan 通りには数十のディーラーショプがあり、未加工宝石、ゴールドセッティング、そして電子スケール、照明、ルーペやピンセットなどの器具類を提供しています。 しかし、週末はマーケットが真に活発となり、隣接する通りや路地に溢れるほどです。 金曜日の午前10時に始まり、全国から、そして世界からの何百というディーラーが、スケール、計算機、そしてもちろん宝石とともに、その場しのぎのスタンドを用意します。 30分以内には、バイヤー、ブローカー、セールスマン、中には観光客の人々で通りはいっぱいになります。 取引は夕方まで続きます。 伝統的な市場とは異なり、テーブルや机の前に座っているのはほとんどが、セールスマンではなく、バイヤーです。

Chanthaburi
Si Chan通り沿いの建物は、週末の石の交換で、買い手と売り手は、春と秋にいつでも突然発生しうる豪雨を心配する必要はありません。
活動の中心は、Si Chan通りとThetsaban通りの交差点であり、即興の宝石交換場としてこの通りが役立っています。 バイヤーはテーブルに座り、時には彼らの要件を一覧にしたの看板標識を掲げたりして、ブローカーまたはディーラーを待っています。 ディーラーと働いている使い走りは、テーブルからテーブルへと駆け回り、受注をとり、宝石を見せ、価格を持って自分のボスのところに戻ります。 一部のディーラーは、テーブルのオーナーに手数料を支払う必要のないよう、バイヤーがテーブルにつく前に捕まえようと急ぎます。

何が販売されますか?当然のことながら、ディーラーの大半はすべての色のルビーとサファイアをカラットあたりわずか2ドル(200円)または3ドル(300円)のために一部販売していました。 トリートメントは公開されたいますか?価格は公開されています、とルビーの一盛りを見せようと立ち寄ったひとりのディーラーがこう言いました。 売り手はまた、スピネル、様々な色のトルマリン、ツァボライトとマンガンザクロ石ガーネット、さらにはアメジストとシトリンなども見せていました。 宝石ベンダーと両替の間は、正に屋台料理のバイキングで、麺、バーベキューチキン、マンゴーやスープを提供するベンダーが並んでいます。

チャンタブリ
チャンタブリの宝石マーケットへと続くSi Chan通り。街路灯は住人3万人の街の主な商業に敬意を示しています。
マーケット裏のサイドストリートは、宝石の熱処理やその他の加工処理を行う「バーナー」が沢山あります。 これらのほとんどは店前に看板は出していませんが、地元の取引人には良く知られています。

ベテランのディーラーは、このマーケットでの取引きは10年前にくらべ穏やかであると言います。 彼らは、西側政府によるミャンマーに対する制裁や多くの主要消費市場における一般的な経済沈滞を責めています。 しかし、マーケットは過去の遷移を生き残ってきました。 実に、チャンタブリの宝石取引は、魅力のない(あるいは売れない)コランダムを低コストのイエローサファイアに変えることのできる拡散処理によって、ある程度回復してきました。 このため、Khao Ploy Waen と Ban Ka Chaの近くに現在作業中の鉱山現場が少なくとも10ヶ所あります。 さらに、1カ所のサイトは処理されていないブラックスターサファイアを生産しています。

チャンタブリ
チャンタブリ県は、かつてはルビーやサファイアの多産地でした。 この鉱山は、街から約10マイルのところで、イエローサファイアの原産地です。
セールスの停滞にもかかわらず、この花柄のドレスを着た女性のようなディーラーは、チャンタブリには業界に不可欠な技術やインフラがまだここに集中しているので、ここは常に世界の宝石ビジネスの位置を確保していると信じています。

You are being redirected to GIA Alumni Association, LLC.

5