書籍:Ruby & Sapphire(ルビー&サファイア):
A Collector’s Guide(コレクターズ・ガイド)


Placeholder Alt Text
Richard W. Hughes著、384頁、ハードカバー、イラスト入り、 Gem and Jewelry Institute of Thailand(タイの宝石と宝石研究所)出版、2014年、99.00ドル
Ruby & Sapphire: A Collector’s Guide(ルビー&サファイア:コレクターズ・ガイド)は、私の期待以上のものでした。 Richard Hughesの壮大な写真と組み合わさった説得力のある散文は、世界を輝かせるために遠くの地よりこれらの宝石を探し出し形成する人々への見事なまでの賛辞である。 本書は、宝石の地界を進むのに役立つガイドとなるであろう絶対的知識の宝庫である。 Hughesと彼の妻と娘が旅の中で記録した数多くの美しい写真が盛り込まれており、コーヒーテーブル本(読むよりも見て楽しむ写真集)に匹敵する。

序文でHughesが語っているように、彼が「人間性宝石学」と呼んでいる人々や宝石の間の関係に焦点を当てている。多くの職人的小規模の鉱夫達は何年間ものあいだ、日の目を見ることなく汗水流しながら働くなか、大穴を当てて富豪となり即座に鉱夫とその家族が新しい領域に入り込むことになる者もいる。 ところがHughesが指摘するように、富が幸福をもたらすとは限らず消え失せてしまうこともしばしばある。 手押し車一台分の所有物のみでオーストラリアのルビーヴェールにたどり着いた、Darky Garnetの伝説は私のお気に入りのサイドバー(側面記事)だ。 Garnetは、金持ちになったまま王様のように暮らし、彼の富を友人や全くの他人にも分け与えた。そして彼の手押し車とシャツだけを残し、一文無しで去った。 信じるために朗読してください。彼は今でも毎年褒め称えらている。

最初の章では、数百年数千年前のカラフルな古代の壁画、高山、ジュエリーのイラストや写真が盛り込まれている。 グレコローマンの時代初期にスリランカの貿易商がヨーロッパに国際貿易と商業に持ち込んだ価値のある最も初期の宝石としてルビーやサファイアをもたらしたと、Hughesは示唆している。 今日、原石の価値は、その美しさ、希少性、耐久性、搬送性によって定義される。 この章では、コランダムの探求と形成に関連する多様で豊かな歴史について続けられている。 ルビーとサファイアは、スピネルやラピスラズリなどの他の宝石によく間違えられることがある。 コランダム属のこの2種類は完全に理解されていなかった17から18世紀には鉱物科学の進歩が見られなかった 宝石を理解する上のもう一つの障害は、専門用語あるいは、Hughesが適切に表現するところの「言葉の達人」に関係している。これらの問題は今でも貿易取引の中で存在するのだが。 Hughesは19世紀初頭までは「東洋の」という言葉は、その最高の硬度で高質の仕上げがされる宝石を記述するための接頭辞として使用されていたと述べている。 東洋のアメシストは紫色のサファイアと言われ、東洋のトパーズは実際にはイエローサファイアと呼ばれていた。 1805年にRene Just Haüyが、これらとルビーと一緒に他のサファイアを現在コランダムとして知られているグループに正式に組み合わせた。

原産国の章では、読者をルビーやサファイアの産出国へのとてつもない冒険の旅(魅力的な背景のバーチャルツアーのある)へ連れ出してくれる。 宝石用原石の鉱化作用のために必要な条件をもたらした地質力の明確で簡潔な説明で始まる。 東南アジア、中央アジア、オーストラリア、アフリカ、北アメリカなどの人々、採掘、および主なコランダム源における生産についての魅惑的な詳細が記述されている。

そして、Hughesはコレクターが学識のある決定を下すのに役立つ貿易の多くの秘密を明かしている。 カラー、クラリティ、カット、原産国のどんなところを見るかが示唆されている、が、常に読者の個人的な好みを勧めている。 ルビーの場合、市場ではより強い色の石が好まれる傾向があるが、明るさと多能性を加えてくれるかもしれないわずかな浸透性を見落とさないように、とHughesは助言してます。 「クラリティの解明」と題したサイドバー(側面記事)では、宝石の内部の問題を判断する方法についての面白い見識を披露している。 新進のコレクターに、研究、オークションや宝石のショーへの参加、そして宝石商や取扱業者とのネットワークを持つことによって「視点の向上」を勧めている。 最も興味深いの引用の一つは、有名な鉱物・宝石業者であるWilliam Larsonの結晶におけるとてつなく高い鑑識眼について述べているものだ。 Larsonhがまだ少年だった頃に始まった彼の鉱物に対する情熱が、どのようにして世界の標本の中でも最高級のプライベートコレクションの一つとなったのかの話である。 意味のあるコレクションを築くための提案をしている。

私の好きな​​部分の一つは、左脳の客観的価格設定に対する右脳の主観的選択の検証である。 宝石の写真と対になっている最近のオークションの結果を比較したグラフでは、著者のメッセージに多彩な特徴が付け加えられている。 宝石の価値を理解することは、修得が最も難しいものの一つである。 本全体を通して載せられているオークションの結果は、過去20年間で競売された最高級の宝石とジュエリーのいくつかの具体的な例が挙げられている。2013年に330万ドル以上で競り落とされた6.04カラットビルマ産ルビーや2012年の130万ドル以上で競り落とされた8.91カラットのカシミール産サファイアなどである。 スターやカボションのファンシーカラーサファイアやスイートを評価する上で素晴らしい項も盛り込まれている。

第4章では、本書の始めで述べられていた人、場所、感情、伝承などに戻ってくるように法医学的宝石学の内部の世界を深く掘り下げている。 Hughesは、合成、処理、原産国の特性を識別するために必要なスキルや計測についても説明している。 彼の顕微鏡観察の適切な記録、識別、応用を必要とする芸術的なスキルと科学的知識に十分な賛辞を送るに価する。 宝石処理の利点と欠点も明確に説明されている。

宝石鑑定士の武器の中でもう一つの貴重なツールはリファレンスライブラリである。 第6では、便利で洗練された宝石学ライブラリを積み重ねる方法についての方向性を示している。 Hughesが、惜しみなく詳しく多数の推薦図書やジャーナルを参考文献として提供しているのはいつものことだ。 最終章では、本書全体を通して使われているすばらしい写真の多くが、多様なコランダムファミリーを構成している微妙なニュアンスを伝えるのに役立つように綺麗にグループ化されている。

全体を通して、Richard Hughesは、彼のカラフルなスタイル、個人的な逸話、引用符、そして魅力的なサイドバー(側面記事)が入れられていることで面白みが増している。 すべての宝石鑑定士、取引業者、鑑定家、コレクター、そして宝石愛好家は、この必要不可欠な成果を手にすべきである。

Edward W. Boehmは、テネシー州チャタヌーガにあるRare Source(レア・ソース)の社長兼最高経営責任者(CEO)です。