よくある質問(FAQ)

イエローが色の要因としてプラスになるのはどのような場合ですか?


ジュエリーで使用されるダイヤモンドのほとんどは、無色からライト イエローまでの範囲であり、D(無色)からZ(ライト イエロー)までのスケールでグレーディングされます。色が薄い、または無色に近い石の方が、一般的に価値がより高くなります。イエローの深い色調(Zよりも濃い色)を示すダイヤモンドは異なる方法でグレーディングされ、ファンシー カラー グレードが与えられます。そうしたカラー ダイヤモンドの場合は通常、より鮮やかな色のものほど価値が高くなります。

問い合わせ先