シトリンの歴史と伝承


ビクトリア朝時代のブローチは、6個のルビーのアクセントとなる石が付いた楕円形のシトリンが特徴 - GIA&Tino Hammid(Gemological Institute of America、米国宝石協会、ティノ・ハミッド)
人々は何千年もの間、宝飾品に水晶を使用しています。 エジプト人は岸から凝った縞模様の瑪瑙を集め護符としてそれらを使用し、古代ギリシャ人は永久凍土のように輝くロッククリスタルの装飾品を彫刻し、ローマ教皇は巨大な紫色のアメシストの載ったリングを指に嵌めていました。 天然のシトリンはまれであり、今日のほとんどのシトリン水晶はアメシスト水晶の加熱処理の結果によるものです。 そうであっても、ビクトリア朝時代の宝石が出てきており、シトリンがそれ以前の時代に秘蔵されていたことを想像するのは難しいことではありません。

ビクトリア朝時代からのこの金のペンダントは、センターストーンにシトリンが使用されている - GIA&Tino Hammid(Gemological Institute of America、米国宝石協会、ティノ・ハミッド)
この華やかなビクトリア朝のシトリンのブローチは、1860年代のものと考えられている - ロバート·ウェルドン、リンダ・ゾロゼックの提供