サンストーンの歴史と伝承


輝かしい日長石原石の発見により、鉱山労働者たちは米国オレゴン州での土地所有権を主張するようになりました。 – Robert Weldon(ロバート・ウェルドン)、提供:Sunstone Butte Mine(サンストーン・ビュート鉱業)
1800年代初期ではサンストーンはあまり知られていない稀で高価な宝石でした。 ノルウェー、シベリアや世界の他の地域で発見されて以来、サンストーンとして認識され、より入手可能になり、かつ安価になりました。 1900年代初頭、米国のオレゴン州、Warner Valley と呼ばれる砂漠地帯にある古代溶岩フィールドで、サンストーンが見つかったとの報告がありました。 その以前より、その地域に居たネイティブアメリカン達が、Warner Valley のサンストーンの最初のコレクターであったかもしれません。
 
ネイティブアメリカンの伝説によると、偉大な戦士の血(矢印の負傷)はオレゴンサンストーンの破片の上に落ちました。 その血は石に彼の戦士としての精神を運び、赤の色合いでそれが着色され、聖なるパワーを与えました。 オレゴン州のジャクソンビルの博物館には、インドの人工物サンストーンの展示が含まれています。 オレゴン州では、今日、いくつかの鉱区はマスマーケティング担当者だけでなく、彫刻やハイエンドジュエリーデザイナーを供給するために、このユニークな素材を十分に生み出します。

この写真は、大きな日長石の断片で、オレゴン州のWarner Valley(ワーナーバレー)で初期に発見されたとものの一つだ言われている。

オレゴン州立大学の鉱物学部の出版物「Ore Pit」は、初期アメリカ先住民の日長石のアーティファクトの博物館の展示品であったオレゴン州ジャクソンビル産の日長石のコレクションのこの写真を発表しました。