スピネルのお手入れとクリーニングガイド


Placeholder Alt Text
スピネルは、あらゆるタイプのジュエリーで着用するのに十分耐久性のある、壮大だが稀少な石である。 - 提供:Thomas Baross
硬度と靭性(じんせい)
宝石や鉱物の硬度はモース硬度スケールで測定されます。 モース硬度の数字はある1つの鉱物が他の鉱物によって傷つけられることの相対的な容易性または困難性に基づいています。 しかし、モース硬度には紛らわしい面もあります。 モース硬度を代表する鉱物間の硬度の間隔は均等でありません。 例えば、ダイヤモンドは数字上ではコランダムとはたったひとつしか離れていませんが、コランダムの宝石よりも何倍も硬いのです。
モース スケール
スピネルは、モース硬度スケールで8である。
スピネルはモース硬度スケールでは8で、靭性は良好であり、ジュエリー向けに耐久性のある宝石になります。

安定性
高温により一部のスピネルでは退色することもありますが、光や化学薬品にさらされてもスピネルは安定性があります。

クリーニング
超音波洗浄器やスチームクリーナーは通常安全ですが、フラクチャーのような特定のインクルージョンは問題を生じる可能性もあります。 温かい石鹸水でスピネルを洗浄することが常に安全です。

処理に関する注意事項
一部のスピネルは、色を改変する加熱処理が施されているかも知れません。 この処理は、通常の着用状態では安定しています。 またどの透明宝石とも同様に、スピネルは、その見かけのクラリティを改良するためにフラクチャー充填されている可能性があります。 これはスピネルには滅多に行なわれませんが、もしフラクチャー充填されている場合、充填剤は時間が経つと変化し石の外観に影響を及ぼす恐れもあります。 フラクチャー充填した石は、温かい石鹸水または湿った布でのみ洗浄を行うようにします。