概要

緑を読む:エメラルドのすべて


Placeholder Alt Text
未来を見れるとか、 雄弁なスピーカーになれるとか、 呪文や魔法が解けるなど、
そのような言い伝えがエメラルドにはあります。

最初とされるエメラルド鉱山はエジプトにあり、少なくとも紀元前330年から1700年代にかけて採掘が行われていました。 クレオパトラはエメラルドに夢中だったことで有名で、王室の装飾品に使用していました。 16世紀、コンキスタドール(征服者)がインカ人によって隠されていた南米の鉱山を発見しました。 エメラルドをすぐ採掘できる優れた産地が突然手に入り、ヨーロッパ人は魅惑的な美しい宝石に心を奪われました。

500年ほどたった今でも、エメラルドはまだ我々を魅了しています。 エメラルドの色は、春と共に到来する再生と再開を象徴することから、5月の誕生石となっています。 Pantone (パントーン)は「パレットに豪華さと優雅さを(もたらす)」という理由から、エメラルドを2013年度のカラー・オブ・ザ・イヤーに選びました。

エメラルドは、ベリル(緑柱石)という鉱物中に、クロムとバナジウム、鉄が存在する場合に形成されます。 この3つの成分が様々に存在することで、エメラルドに色の幅が生まれます。 クロムとバナジウムは、強い緑色を生じます。 また、鉄は石に青みがかった色合いを与えます。

最も価値の高いエメラルドは青緑色から緑色で、中間からミディアムダークの色調を持つものです。 エメラルドは一般的に六方柱を形成するので、元来エメラルドカットに適していて、多くの場合エメラルドカットが施されます。

ほとんどのエメラルドには、肉眼で確認できるインクルージョン(内部のクラリティ特徴)やブレミッシュ(表面のクラリティ特徴)があります。 価格には、インクルージョンのサイズや種類が大幅に影響します。小さな低品質の石で1カラットあたり10ドル(約1000円)から、非常にクラリティがクリーンな石では1カラットにつき50,000ドル(約500万円)に及びます。

エメラルドは主にコロンビア、ザンビア、ブラジル、ジンバブエで発見されている。

エメラルドはどれほど人気があるのでしょうか。2012年11月、Harry Winston(ハリー ウィンストン)は、6.91カラットと 7.32カラットの ラウンド形エメラルドの円形クリップイヤリングを、正味価格21万8千ドル(約2210万円)で売却しました。 Brooke Astor(ブルック アスター)の22.74カラットの エメラルドの婚約指輪は、最近のSotheby(サザビー)のオークションにて120万ドル(約1億2000万円)で落札されました。