ペリドットの歴史と伝承


Placeholder Alt Text
この146.10カラットのペリドットは、ロンドンの自然史博物館のコレクションです。
ペリドットは常に光と関連付けられます。 実際には、エジプト人は「太陽の宝石」と呼んでいました。また、特に金にセットされたときは、「夜の恐怖」からその所有者を保護してくれたと信じていた人もいました。 その他の人々は、ロバの毛に宝石をひもでつらし、悪霊を追い払うために、左の腕にそれを巻いていました。

ペリドットという単語は、アラビア語で「宝石」という意味の「faridat」に由来します。ほとんどのペリドットは、地球の奥深くで形成され、火山によって表面に到達しました。 隕石として地球に来たものもありますが、この世のものとは思えないペリドットは非常に稀少であり、小売宝石店で見られる可能性はほとんどありません。

初期の記録によると、古代エジプト人は、現在セントジョンズ島やZabargadとして知られているTopaziosと呼ばれていた紅海にある島で美しい緑の宝石を採掘していました。 伝説によると、その島ではヘビがはびこっており、野心的なファラオが海にヘビを導くまでは、採掘が困難になっていたと言われています。 太古の時代から、人々は、現在ペリドットとして知られているこの石を他の宝石と混同していました。 これは「トパーズ」と呼ばれた多くの石の内一つでした。

歴史家の中には、クレオパトラの有名なエメラルドのコレクションは、実際にはペリドットであったかもしれないと考えている者もいます。 中世の人々は、エメラルドとペリドットを混同し続けていました。 何世紀もの間、人々は200カラットの ドイツのケルン大聖堂での三聖王の神殿を飾る宝石がエメラルド宝石だと信じていました。 実際には、それらはペリドットなのです。