ペリドットのお手入れとクリーニングガイド


Placeholder Alt Text
少し注意を払えば、ペリドットはジュエリーにふさわしい上質な宝石となる。 - © GIA & Tino Hammid、提供:23rd St. Shoppe, Santa Monica
硬度と靭性(じんせい)
宝石や鉱物の硬度はモース硬度スケールで測定されます。 モース硬度の数字はある1つの鉱物が他の鉱物によって傷つけられることの相対的な容易性または困難性に基づいています。 しかし、モース硬度には紛らわしい面もあります。 モース硬度を代表する鉱物間の硬度の間隔は均等でありません。 例えば、ダイヤモンドは数字上ではコランダムとはたったひとつしか離れていませんが、コランダムの宝石よりも何倍も硬いのです。
モース スケール
ペリドットはモース硬度スケールで6.5〜7である。
ペリドットは、モース硬度スケールで6.5〜7です。 靭性は、普通〜良好です。 ペリドットはジュエリーとして着用するのに十分な耐久性がありますが、傷つけたり強い衝撃で破損したりしないように、ある程度気をつけて着用してください。

安定性
急激な、または不均一な熱により、ペリドットにひびが入る可能性があります。 ペリドットは光に対して安定的ですが、硫酸によって簡単に損傷し、また塩酸によっても割と容易に損傷します。 また酸性の発汗に長期間さらされると、損傷する事があります。

クリーニング
ぬるま湯の石鹸水の使用が、ペリドットを洗浄するための最良の方法です。 超音波洗浄器やスチームクリーナーはお勧めできません。