アイオライトの歴史と伝説


Placeholder Alt Text
アイオライトは、装飾品として、またおそらく航海の道具として使われた長い歴史がある。 – Robert Weldon
伝説によると、アイオライトはバイキングのコンパスストーンと呼ばれています。 薄いスライス状のアイオライトは、古代のバイキングの航海士が曇りの日に太陽の場所を知るために使う減光板や偏光フィルターとして使われていた、と言われています。 これで北欧の船乗りたちは海に自分の位置を特定することができました。

航海の道具として役立ったかどうかはともかく、アイオライトは非常に魅力的である。 アイオライトは長年、ジュエリー用にカットされている。 – Robert Weldon、提供:New Era Gems, Steve Ulatowski
アイオライトの名前は、ギリシャ語のIOSに由来し、「紫」を意味します。アイオライトは睡眠を促し、創造性の開花を助けると信じる人々もいます。 アイオライトはしばしば、結婚21周年の宝石として挙げられます。