Glenn Nord(グレン·ノール)


Placeholder Alt Text
Glenn Nord(グレン·ノール)は、子供の頃から宝石に魅了されており、これが彼の教育とキャリアの基盤を形成してきました。 自称「GIAの男 」のこの強い興味のもたらした成果のおかげで、GIAは繫栄し続けてきました。最初は講師として、次に社長として、そして最終的に理事会のメンバーとしての彼の活躍により、宝石学の教育·研究の世界的リーダーとしてのGIAの立場が確立されました。
 
兵役を完了した後、Nord(ノール)は復員軍人援護法からの給付金を使用してGIAに入学し、1959年にグラジュエイトジェモロジスト(GG)のディプロマを取得しました。 彼は、1961年に教員としてGIAに参加するために当時の社長であったRichard Liddicoat(リチャード・リディコート)によって招かれました。 1960年代にZale Corp.(ゼール社)とGIA初の企業研修コースを導入し、GIAの移動教室のたゆみない支持者となりました。 1970年には、Nord(ノール)はイスラエルのラマトガンでGIA初の国際的な宝石学のコースを教えました。 彼は、健康上の理由で1974年に辞任しましたが、GIA社長としての任務を果たすために9年後に復帰しました。

社長としてのNord(ノール)の任期(1983年-1986年)は、世界的な不況の影響が残る中で財政上の安定を回復させました。 また、学生の入学が増加し、カリキュラムが再活性化され、世界的な発展が拡大した時代をもたらしました。 GIAへの彼の末永い貢献としては、学生学資援助サービスの確立およびアジアと欧州で定期的に開催される無料の教育セミナーとして多大な成功を収めているGemfestの創設が挙げられます。
 
理事会の長年のメンバーであるNord(ノール)は、GIA最高の栄誉であるRichard T. Liddicoat Distinguished Achievement Award(リチャードT リディコート特別功績賞)を受けた2年後の2003年に生涯の理事に選ばれました。 卒業後50年以上、GIAおよびGIAがサービスを提供している一般社会はGlenn Nord(グレン·ノール)のリーダーシップと献身の恩恵を享受し続けています。