記者発表

GIA、事業開発副社長にRichard Pesqueiraを任命


Industry veteran leads engagement with major brands, retailers in North America
GIA事業開発副社長のRichard Pesqueira。

業界のベテランが北米の主要ブランドや小売業者とのエンゲージメントをリード

カリフォルニア州カールスバッド– 12月16日(木曜日) – 宝石学の研究や教育、科学に基づいた宝石の鑑別およびグレーディング サービスにおいて代表的な存在であるGIA(Gemological Institute of America)は、世界中の主要ブランドや小売業者に革新的な製品をもたらすために、素晴らしい各種サービスおよびスタッフを強化しています。
 
世界でもトップクラスのブランドにおける革新的な小売業、成長戦略、包括的な研修の取り組みの構築で実績を上げた30年の経験を有する業界のベテラン、Richard PesqueiraがGIAの北米事業開発副社長に就任しました。Richardはカリフォルニア州カールスバッドにあるGIA本部を拠点とし、GIA上級副社長兼最高マーケティング責任者(CMO)のMark Buntzの直属となります。
 
GIA事業開発および選鉱担当上級副社長であるAnna Martinが、今後はGIAの長期的な戦略プロジェクトに注力することになります。この進展の一環として、グローバル事業開発部門はCMOのMark Buntzの下で統合されます。北米およびアジア太平洋地域の事業開発チームは、GIAインドの市場開発チームもサポートする新しい機能でBuntzの直属となります。
 
「Richardの才能と経験は、GIAにとって非常に大きな貢献を果たすでしょう。GIAが、消費者を保護し、宝石やジュエリーに対する消費者の信頼を確保できるように毎日取り組む中、業界の利害関係者とさらに有意義な関係を築くのに役立ちます。購入する宝石の持続可能性、トレーサビリティ、プラスの影響に関してさらに多くの情報を求める消費者の要求に対処できるようにGIAが小売業者と協力を進めるにあたり、Richardのスキルと洞察力を用いてチームを構築できるのは大きな前進です」と、Buntzは述べました。
 
GIAのグラジュエイト ジェモロジスト®(Graduate Gemologist®、GG)であるPesqueiraは、Tiffany & Co.(ティファニー アンド カンパニー)よりGIAへ入社しました。同社を退社する直前は、注目を浴びているラスベガス市場のディレクターを務めていました。それ以前は、ティファニーの教育担当グローバル ディレクターを務め、すべての小売製品の研修を担当していました。5年間、Hearts on Fire(ハーツ オン ファイア)で営業兼事業開発担当副社長を務め、ハーツ オン ファイアとChow Tai Fook(周大福)の統合において重要な役割を果たしました。Richardは、カリフォルニア州で10店舗を有する家族経営のチェーン店、Rogers Jewelry(ロジャーズ ジュエリー)でキャリアをスタートしました。
 
「GIAは、小売業者と同窓生の広大なネットワークがあり、業界と消費者の双方から多大な信頼を得ており、宝石・宝飾業界を現在および将来にわたって適正さと成功をもたらす変革を先導しています。 消費者を保護するというGIAの重要な使命の一翼を担い、お客様とビジネスに利点をもたらす製品やサービスを小売業者に提供できるのを非常に嬉しく思います」とPesqueiraは述べました。
 
GIAの事業開発チームは、インド、中国、米国の上位3か国の宝飾品市場で、クライアントや小売業者などと協力しています。経験豊富で多大な知識を有する現地のリーダーシップにより、GIAの製品とサービスで業界のニーズにさらに応えるために業界と協力することで、消費者を保護するというGIAの取り組みをサポートしています。
 


GIAについて

1931年設立の独立非営利組織であるGIA(Gemological Institute of America)は、宝石学における世界有数の権威として認められています。GIAはカラー、クラリティ、カット、カラット ウェイトからなる有名な4Cを考案し、さらに1953年にはダイヤモンドの品質の基準として世界中で認知されているインターナショナル ダイヤモンド グレーディング システム™を開発しました。
 
研究、教育、宝石学ラボ サービスおよび機器の開発を通じて、当機関は、最高基準の誠実性、学術活動、科学知識、プロフェッショナリズムを維持することにより宝石・宝飾品に対する公共の信頼を確保することに専念しています。