記者発表

ハーバードビジネススクールで行われたGIAグローバルリーダーシッププログラムにて、宝石と宝飾品の幹部たちが集結


GIA’s 2015 Global Leadership Program at Harvard Business School
GIAグローバルリーダーシッププログラム、2015年 6月15日〜18日、ハーバードビジネススクール

プログラムはマーケティングとコミュニケーションに焦点を当て、業界の課題に取り組みます

カリフォルニア州カールスバッド - 2015年7月6日- GIAグローバルリーダーシッププログラムにて、業界が直面している課題について議論するために、宝石と宝飾品の上級幹部たちはマサチューセッツ州のケンブリッジにあるハーバードビジネススクール(HBS)に2年連続で集結しました。 6月15日〜18日まで、採鉱、製造、小売分野の業界に関わる12カ国14セクターから42名の上級幹部たちが、 HBSのケーススタディ法に基づくカリキュラムとカスタムプログラムに参加しました。 2015年のプログラムは、企業のマーケティング、ブランディング、戦略、コミュニケーションの重要性に焦点を当てました。
 
「HBS教授の講演能力だけでなく、ケーススタディ、参加者、対話や議論の質はひときわ優れたものでありました」と、GIA理事会理事長のJohn Greenは述べています。 「このプログラムにより、再びサプライチェーンと業界はより緊密な関係を築くことができました」
 
今年のプログラムで扱われたケーススタディは、ハーレーダビッドソンのインド市場参入、著名な「インテルインサイド」のキャンペーン、サッカーチームとしてのレアル・マドリードのグローバルブランド構築に関してでした。
 
「プログラムは、我々の業界に関連するビジネスおよびその他の事柄において、様々な業界の背景を持つ仲間たちとアイデア、情報、懸念について議論と意見交換をする、素晴らしい場所を提供してくれました。」と、参加者の一人は述べます。 「そのような優れた精神と指導者たちの中にいることに引け目を感じる部分もありましたが、刺激にもなりました。 私個人としては、今後の取引に非常に期待をしています。 最高期はまだ来ていないと感じています」と、他の参加者は付け加えました。
 
GIAはHBSと連携し、国際的なビジネスにおいて直面する問題を検討するために、宝石や宝飾品の異なるセクターを代表するグローバルリーダーを集結し、他のセクターや業界の経験を独自に利用するための4日間のプログラムを2014年に開始しました。 また、このプログラムは世界的な宝石や宝飾品のサプライチェーンの異なる部門間の架け橋となり、上級幹部にとって他には例のない人脈作りの機会となっています。

2015年GIAグローバルリーダーシッププログラムの参加者(アルファベット順):Lita Asscher(Royal Asscher)、Mihir Bhansali(Firestar Diamond Inc)、Dave Bindra(B&B Fine Gems)、Patrick Coppens(Rio Tinto Diamonds)、Rohit Dhamani(Dhamani Group)、Akshay Dholakia(Shree Ramkrishna Exports Pvt. Ltd.) Hasumu Dholakiya(H.K. Designs/Hari Krishna Exports)、 Pat Duncan(Helzberg Diamonds)、Cathy Fischer(Sterling Jewelers)、John Green(Lux Bond & Green、GIA理事会)、Myriam Gumuchian(Gumuchian)、Keith Higley(Damas International Limited)、Susan Jacques(GIA)、Rajiv Jain(ABN AMRO Bank N.V.)、Andrew Johnson(Diamond Cellar Holdings, LLC)、Stephen Kahler(スワロフスキー)、Sandeep Kothari(KGK Diamonds)、Greg Kwiat(Kwiat & Fred Leighton)、Lior Levin(DIACORE)、Jenny Luker(Platinum Guild International)、Tim Matthews(Jewelry Television)、Akarsh Mehta(Excel Success Ltd.)、Arnav Mehta(Blue Star Group)、Ashay Mehta(Rasiklal Hiralal & Co.)、Raj Mehta(Rosy Blue NV)、Viral D. Mehta(Dimexon)、Thomas Moses(GIA)、Kapil Nevatia(Sunjewels Pvt. Ltd.) James Pounds(Dominion Diamond International NV)、Adonis Pouroulis(Petra Diamonds)、Martin Rapaport(Rapaport Group)、Stuart Samuels(Premier Gem Corporation)、Ashwani K. Sethi(Tara Pearls)、Matt Stuller(Stuller, Inc.)、Peter Suen(Chow Tai Fook)、Aron Suna(Suna Bros. Inc.)、 Dov Tannenbaum(Leo Schachter Diamonds)、Dennis Ulrich(Richline Group Inc.)、Tommy Wu(Shire Trading Ltd.)、Bridd Xu(zBird.com)、Thomas Yang(YMPETUS、GIA理事会)、Alan Zimmer(Reeds Jewelers.)

GIAについて

1931年設立の独立非営利組織である GIA (米国宝石学協会) は、宝石学における世界有数の権威として認められています。 GIAは1950年代初期にカラー、クラリティ(透明度)、カット、およびカラット重量による、知名度の高い4Cを発明し、さらに1953年には、今日ではほぼ全世界の専門的な宝石商により認識されているインターナショナルダイヤモンドグレーディングシステム™を作成しました。  
研究、教育、宝石学ラボサービスおよび機器の開発を通じて、当機関は最高基準の完全性、学問、科学およびプロフェッショナリズムを守ることにより、宝石・宝飾品に対する公共の信頼を確保することに専念しています。