記者発表

GIAラボ製造ダイヤモンドレポート


変更に関する詳しい説明

カリフォルニア州カールスバッド – 2019年4月1日 – 2019年3月29日、Federal Trade Commission(米国連邦取引委員会、FTC)が最近行った「ジュエリーガイド」の改訂に合わせて、GIAはラボで製造されたダイヤモンドのグレーディングレポートを改訂したことを発表しました。
 
2019年7月1日以降、GIAは、2007年1月より導入されたGIA合成ダイヤモンドグレーディングレポートTM を廃止し、GIAラボ製造ダイヤモンドレポートTMを発行します。
 

  • GIAラボ製造ダイヤモンドレポートには、参考のためにカラー、クラリティ、カットの基準となるGIAのグレーディングスケールが含まれます。
 
  • GIAラボ製造ダイヤモンドレポートは、天然ダイヤモンドのカラーグレードを報告するために使用されるアルファベットの代わりに、カラーレス(無色)、ニアカラーレス(ほぼ無色)、フェイント(微かな色味)、ベリーフェイント(非常に微かな色味)フェイントを使用して、ラボで製造されたダイヤモンドのカラーグレードを報告します。
 
  • 基準となるGIAカラーグレーディングスケールが参考のためにレポートに含まれ、例えば、D、E、Fに対してカラーレス、G、H、I、Jに対してニアカラーレス、K、L、Mに対してフェイントと記載されます。
 
  • GIAラボ製造ダイヤモンドレポートは、天然ダイヤモンドのクラリティグレードを報告するために使用されるVVS1とVVS2、VS1とVS2、SI1とSI2、I1、I2、I3の代わりに、フローレス、インターナリーフローレス、ベリーベリースライトリーインクルーデッド、ベリースライトリーインクルーデッド、スライトリーインクルーデッドインクルーデッドを使用して、ラボで製造されたダイヤモンドのクラリティグレードを報告します。
 
  • 基準となるGIAクラリティグレーディングスケールが参考のためにレポートに含まれ、例えばSI1とSI2に対してスライトリーインクルーデッドと記載されます。
 
  • GIAラボ製造ダイヤモンドレポートは、鑑別の欄に「合成石」を使用せず、「ラボで製造」と記載します。
 
  • GIAラボ製造ダイヤモンドレポートには、「これはCVD(化学蒸着)または HPHT (高圧高温) 成長プロセスによって生成された人工ダイヤモンドであり、色を変更するために製造後に処理が施された可能性があります。」と記載されます。
 
  • クラリティを向上させる検出可能なすべての処理がこのレポートで開示されます。
 
  • GIAラボ製造ダイヤモンドレポートにあるQRコードは、GIAのオンライン・レポート チェック・サービスにリンクし、レポートの情報がGIAレポートデータベースの内容と一致していることを確認するために使用できます。それぞれのGIAラボ製造ダイヤモンドレポートのレポート チェックの記録には、ラボで製造されるダイヤモンドを生成するCVD法およびHPHT法に関する教材が含まれいます。この教材は、消費者を教育し、宝石やジュエリーにおいて一般市民の方々からの信頼を確保するというGIAの使命を果たすのに役立ちます。
 
  • GIAは、GIAダイヤモンドグレーディングレポートTMおよびGIAダイヤモンド ドシエTMと呼ばれている、天然ダイヤモンドのグレーディングレポートで「天然ダイヤモンド」について明確に規定しています。
 
  • 2018年1月1日以降に発行されたGIA合成ダイヤモンドレポートは、ご返却していただければGIAラボ製造ダイヤモンドレポートと無料で交換いたします。

 
GIAラボ製造ダイヤモンドレポートのサンプルは、GIA.eduをご覧ください。


GIAについて

1931年設立の独立非営利組織であるGIA(Gemological Institute of America)は、宝石学における世界有数の権威として認められています。1950年代初頭、GIAはカラー、クラリティ、カット、カラット重量で有名な 4C を考案しました。さらに1953年にはインターナショナルダイヤモンドグレーディングシステム™を開発し、これは現在世界中のほぼすべての宝石専門家や宝石商により認識されています。
 
研究、教育、宝石学ラボサービスおよび機器の開発を通じて、当機関は、最高基準の完全性、研究活動、科学知識、プロフェッショナリズムを維持することにより宝石・宝飾品に対する公共の信頼を確保することに専念しています。