現在の展示

Faces of Eternity(永遠の顔)


Article Landscape New

写真: ,

「ミスター ピーナッツ バターとチョコレートの頭蓋骨」は、Luis Alberto Quispe Aparicioがデザインおよび彫刻を手掛け、寄贈した。ピーナッツ ウッドは彫刻の材料として一般的だが、それが形成される驚きの方法について知っている人はほとんどいない。ピーナッツ ウッドの起源は6500万年以上も前、白亜紀にまで遡る。当時、川によって松の流木が海に運搬された。その後、二枚貝がその木に付着し、食物とした。二枚貝が木に開けた穴は白い粘土で埋められ、ピーナッツ型の形が作り出された。何千年もの時間をかけ、シリカが木材に置き換わり、流木は珪化木に変化した。化石化した白い粘土と暗色のシリカが生み出すコントラストにより、現在我々が目にすることのできるユニークなパターンを作り出す。このピーナッツ ウッドの頭蓋骨「ミスター ピーナッツ バターとチョコレート」は、ゴールド ヴェルメイユの「背骨」とオブシディアンの土台に置かれている。

ペルーの芸術家Luis Alberto Quispe Aparicioは、人間の死と宝石の永遠性の並列によってインスピレーションを受け、手彫りの宝石の頭蓋骨のコレクションである「永遠の顔」を制作しました。展示されている驚くほどリアルな15点の彫刻品は、ピーナッツ ウッドのアゲート、ラブラドライト、ソープ ジャスパー、ピンク オパール、シルバーとゴールドのヴェルメイユなど、さまざまな宝石素材を特徴としています。全26作で構成されているコレクションは、1年間にわたってデザインおよび彫刻されました。
 

A view of the Rotunda entrance of the GIA Museum in Carlsbad.

Creating a Face for Eternity(永遠なる顔を作成)

Listening to the Stone(石を聴く)