シトリンについて


シトリンは、市場で最も人気のある黄色の宝石のひとつである。 このデザイナーカットはシトリンの太陽のような色の暖かな輝きを引き出している。 – Lydia Dyer、宝石提供:John Dyer & Co.
シトリン(透明で、淡黄色から茶色がかったオレンジ色のクォーツの変種)は、自然界にはめったにありません。 宝石学が現代のように発展する前は、シトリンの黄褐色がトパーズと混同される原因となっていました。 シトリンは、その魅力的な色が​​、他のほとんどのクォーツと同様の耐久性と手頃な価格とあいまって、最も売れ行きの良い黄色〜オレンジ色の宝石となっています。 これはトパーズだけでなく、イエローサファイアにも代替しうる魅力的な選択肢です。 最高級のシトリンの色は、茶色がかっていない、彩度の高い黄色から赤みがかったオレンジ色です。

オレンジがかった黄色〜赤橙色のこれらの宝石は、良質のシトリンカラーの例である。 - 提供:C. Y. Sheng
天然シトリンは稀であるため、市場のシトリンのほとんどは、魅力的でない淡紫色のアメシストに熱処理を施し、魅力的な黄色に変化させたものです。 アメシストのもとの色相が、処理後のシトリンの黄色の深さを左右します。

低温の加熱処理が、アメシストをこのオレンジがかったシトリンに変える。 宝石彫刻家が、魅力的なファンタジーカットを作成した。 - GIA & Tino Hammid
シトリン結晶は幅広いサイズのものがあり、20カラットまでのシトリンは容易に入手可能です。 シトリンは、標準的な形や大きさで利用されていますが、多くのハイエンドの宝飾デザイナーや宝石彫刻家が、この暖かいイエローの宝石をジュエリーや彫刻のために珍しいカットに形作っています。

このシトリンの彫刻は、167.78カラットである。 - 提供:ICA