ニューヨーク キャリアフェア





ニューヨークはアメリカにおけるダイヤモンドの主要都市であり、国際的な宝石・ジュエリーの拠点でもあります。Javits Center(ジャビッツ センター)で開催される GIA ジュエリーキャリアフェアは、この高級品業界で成功するための好機となります。Tiffany & Co.(ティファニー)、Lorraine Schwartz、Hearts On Fire(ハーツ オン ファイアー)、Real Real(リアル リアル)、James Allen、JTV、Almod Diamonds(アルモド ダイヤモンド)、David Yurmanなど、40社以上の宝石・宝飾品企業の採用担当者と面会できる機会となるでしょう。この業界に関する業界 VIP の意見に傾聴したり、キャリアコーチング セッションに参加したりできるほか、その他の催しも企画されています。好機に満ちた催しは求職者の方々に無料開放され、プロとしての輝かしい未来へと導いてくれます。

一日の概要 – 2019年3月8日

登録
午前9時30分~10時
フロントロビー

歓迎の挨拶
午前10時〜10時10分
ルーム 1E18-1E19

「Job Success in Today's Market(今日の市場で成功するには)」
午前10時10分~11時30分
ルーム 1E18-1E19

リクルーティング
午前11時30分~午後2時
ルーム 1E20および1E21

キャリアコーチング
午前11時45分~午後2時
(予約の受付は、1E07にて午前9時30分~10時および正午~午後1時45分に承ります)

キャリアフェア終了
午後2時


歓迎の挨拶

Kathryn Kimmel
GIA シニア ヴァイスプレジデントマーケティング最高責任者

Amanda Gizzi
Jewelers of America(ジュエラーズ オブ アメリカ)広報&イベント担当ディレクター

今日の市場で成功するには

今日の市場で成功するために必要なことをトピックに、大手業界幹部が話します。業界のトレンドにより、どのように雇用機会が作り出されているかを紹介します。雇用者が人材を募集する際に求めるスキルや専門性についての見識やアイディアが得られます。
 

司会

Susan M. Jacques
GIA 社長最高経営責任者 

パネリスト

Lisa Bridge
Ben Bridge Jeweler(Ben Bridgeジュエラー)社長最高経営責任者

Caryl Capeci
Hearts On Fire(ハーツ オン ファイアー)社長

Timothy B. Matthews
Jewelry Television(ジュエリー テレビジョン)社長最高経営責任者

Lisa Nikfarjam
Lisa Nik, Inc.(Lisa Nik株式会社) 社長

Daniel Wisner
Alexis Bittar アシスタント技術デザイナー


キャリアフェア講演者



 

Caryl Capeci
Hearts On Fire(ハーツ オン ファイアー)社長


ハーツ オン ファイアーの社長、Caryl Capeci氏は、2007年に同社に入社しました。当初はマーケティング部門の副社長として、そして2013年からは最高マーケティング責任者としてグローバルマーケティングにおける全事業をリードしてきました。これらの職務では、ブランド、製品開発、販売促進、研修、電子商取引に対する消費者および小売業のチャネルマーケティングをすべて監督しました。

香港を本拠とする小売店、Chow Tai Fook(周大福)がハーツ オン ファイアーを買収した後、Capeci氏はハーツ オン ファイアーの社長に就任しました。同社初の女性社長として、女性を対象としたこの躍動的なジュエリーブランドの構想を意欲的に広げています。

30年間に及びジュエリーの世界に携わっているCapeci氏は、Jewelers for Children(ジュエラーズ フォー チルドレン)およびDiamond Empowerment Fund(ダイヤモンド援助基金)、Jewelers of America(ジュエラーズ オブ アメリカ)のためのGem Awards Committee(宝石賞委員会)の理事も務めています。また、24 Karat Club( 24カラット クラブ)の名誉会員でもあります。



 

Lisa Bridge
Ben Bridge Jeweler(Ben Bridgeジュエラー)社長兼最高経営責任者


Lisa Bridge氏は、Ben Bridge Jeweler(Ben Bridgeジュエラー)の社長兼最高経営責任者です。同社を引き継いで第5代目となるBridge氏は、同社の伝統を大切に守りつつ、将来の成長に向けて事業を推進しています。以前は教育担当副社長として活躍しており、同社の社員1200人の教育および専門能力開発を監督していました。

2015年、Ben BridgeはLisa Bridge Collection(リサ ブリッジ コレクション)を発表し、彼女がデザインしたファッショナブルなジュエリーコレクションを紹介しました。このコレクションは、新世代の方々にも高級ジュエリーをライフスタイルの一部にできるのだと感じてもらえるように、現代的なスタイルと家宝が持つ気品の良さを組み合わせています。

Bridge氏はセントルイスのWashington University(ワシントン大学)を優秀な成績で卒業し、Gemological Institute of Americaよりグラジュエイトジェモロジスト(GG)のディプロマを取得しました。その後、American Gem Society(アメリカン ジェム ソサエティ)より認定宝石鑑別士の資格を授かりました。同機関では、かつて教育委員会の議長を務め、Young Titleholders(若い資格取得者)と呼ばれるグループの活動を支援し、現在は理事として活躍しています。



 

Susan M. Jacques
GIA 社長兼CEO


Susan M. Jacques は2014年1月にGIAの社長兼CEOに任命されました。1980年にGIAのグラジュエイトジェモロジスト (GG) を修了した彼女は、Gemmological Association of Great Britain(英国宝石学協会)の有資格会員(FGA)でもあります。彼女は当初、ネブラスカ州のオマハにあるBorsheim’s Fine Jewelry and Gifts(ボーシャイムズ ファイン ジュエリー アンド ギフツ)に勤務していました。1989年に Borsheim 社を買収した Berkshire Hathaway, Inc.(バークシャー ハサウェイ社)の会長であったウォーレン バフェット氏により、1994年に社長兼CEOに任命されました。いくつかの業界団体で積極的に活動しており、Jewelers Vigilance Committee(ジュエラー自警団)の役員であるほか、過去はCreighton University(クレイトン大学)、Jewelers of America(ジュエラーズ オブ アメリカ)、そしてJewelers for Children(ジュエラーズ フォー チルドレン)の役員も務めていました。1996年に GIA 理事会に加わり、2008年から2014年まで会長を務めました。



 

Kathryn Kimmel
GIA シニアヴァイスプレジデント兼マーケティング最高責任者 (CMO)


ジュエリー産業の第三世代の一員である Kathryn Kimmel は小売経営からジュエリー製造業者のためのマーケティングやブランド化に至るまでの幅広い経験を積みました。

GIAに28年以上在職し、GIAの活動、哲学、発展の具体化において、またマーケティングの方針や目的の構築において、重要な任務を果たしてきました。GIA ジュエリーキャリアフェアの共同設立者である彼女は、毎年開催されるこの業界有数の採用イベントの企画開発を担当しています。現在は GIA の国内外すべてのマーケティング、広報、コミュニケーション、および奉仕活動を率いています。

彼女は地域社会や業界への奉仕の力を強く信じ、多くの業界団体に時間とエネルギーの多くを費やしてきました。
 



 

Timothy B. Matthews
Jewelry Television(ジュエリー テレビジョン)社長兼最高経営責任者


Timothy B. Matthewsは、ジュエリー テレビジョン (JTV) の社長兼CEOを務めており、同社の取締役会のメンバーでもあります。高級ジュエリーと宝石を専門とする同社の強力な小売業オムニデジタル プラットフォームのあらゆる側面を監督および指導しています。JTV は、彼のリーダーシップの結果、カラーストーンやジュエリーの調達および販売において市場を先導する企業となっています。

Matthews氏は、宝石学の分野の専門家として有名です。Gemmological Association of Great Britain(英国宝石学協会、Gem-A)の終身会員であり、Gem-Aで最高の学位とされている、宝石学 (FGA) およびダイヤモンド (DGA) のディプロマを取得しました。また、GIAよりグラジュエイトジェモロジスト(GG) のディプロマも取得しました。

JTV に入社する前、Matthews氏はオハイオ州シンシナティの法律事務所、Keating Muething & Klekamp PLLで21年間パートナーとして勤務し、M&Aや金融取引を専門としていました。また、多くの企業や慈善団体で理事も努めていました。Matthews氏は、1978年にHarvard College(ハーバード大学)より経済学で学士号を優秀な成績(マグナ クム ラウデ)で、そして1981年にHarvard Law School(ハーバードロースクール)より法学博士号を優秀な成績(Juris Doctor Cum Laude)で取得しました。



 

Lisa Nikfarjam
Lisa Nik, Inc.(Lisa Nik株式会社) 社長


ジュエリーに対するNikfarjam氏の情熱は、1994年Pepperdine University(ペッパーダイン大学)を卒業した後、カリフォルニア州マリブで始まりました。マリブに拠点を置くジュエリー会社で3年間勤務し、これがきっかけでGemological Institute of Americaにてダイヤモンドと宝石について勉学に励み、グラジュエイトジェモロジスト(GG)になるという決心をしました。ジュエリーと海外旅行に非常に興味があった彼女は、Roberto Coin Inc.(ロベルトコイン社)に入社するために1998年にニューヨークへ引っ越しました。当初はニューヨーク本社からのブランドの開発を手掛けていましたが、執行副社長にまで昇進しました。2009年、同社に11年半勤務した後、彼女自身のジュエリーコレクションを制作して起業家になるという長年の夢を叶えるために、彼女の名を冠したブランド、Lisa Nikを立ち上げました。このコレクションは、18Kゴールドにセットされた大胆でカラフルな宝石やダイヤモンドを特徴としています。

Nikfarjam氏はPepperdine University(ペパーダイン大学)の経済学で学士号を取得し、New York University(ニューヨーク大学)のLeonard N. Stern School of Business(レナード N スターン スクール)の経営学エグゼクティブMBAを取得しました。Lisa Nikコレクションは、現在、世界各地の80店以上の小売店でご購入いただけます。また、Centurion(センチュリオン)とCouture(クチュール)の見本市で展示されています。



 

Daniel Wisner
Alexis Bittar アシスタント技術デザイナー


Wisner氏は、カールスバッドのGIAより全額奨学金を授与され、2017年にジュエリーデザイン&テクノロジー(JDT) プログラムのディプロマを取得しました。現在は、スタイリッシュなファッションジュエリーの製造業者、Alexis Bittarのアシスタント技術デザイナーを務めています。また、ブルックリンを拠点としたジュエリーデザイン会社、Matthias & Wisnerを彼の弟、Justinと共に経営しています。

Wisner氏は彫刻とパフォーマンスアートなど芸術において多様な経験を持っていますが、11歳で銀細工師としての見習いをしているときからジュエリーに夢中になっていました。彼は、ペンシルベニア州のKutztown University(カッツタウン大学)よりエナメル及びジュエリーアートで美術学士号を取得しました。在学中、金属およびジュエリー芸術プログラムのスタジオ監督者として働き、発注を受けたジュエリー作品を制作する小規模のビジネスを始めました。カッツタウン大学を卒業し、バーモント州ジョンソンのVermont Studio Center(バーモント スタジオ センター、VSC)のスタッフ アーティストとして1年間研修生の地位が与えられました。ここでは、彫刻やパフォーマンス アート、そして長年気に入っていたジュエリーデザインに取り組みました。