誕生石

9月の誕生石

Shadow

9月の誕生石、サファイアは数千年もの間大切にされてきた宝石です。サファイアという言葉は、通常、コランダムの青い変種(ルビーは赤い変種)を指しますが、この誕生石は虹に見られる他の様々な色があります。 何世紀にもわたって、サファイアは王族とロマンスに関連付けられており、多産そして魂の象徴であるとも言われていました。「サファイア」という言葉は、ギリシャ語「sappheiros」に由来し、ブルーサファイアは最も人気のあるカラーストーンの一つとなっています。歴史や産地など、この9月の誕生石について詳しく学んでみましょう。

誕生石「サファイア」

    

誕生石「サファイア」の意味 & 歴史

9月の誕生石のサファイアは、古くから誠意、真実、忠節、高潔を象徴するものとされてきました。何世紀もの間、サファイアは王族や聖職者の式服の装飾品として使用されてきました。古代ギリシャやローマのエリートの間では、ブルーサファイアがその所有者を危害や嫉妬から守ってくれると信じられていました。中世の聖職者は、天を象徴するという理由でサファイアを身に着けていました。また、古代ペルシャ人は、地球が本当に巨大なサファイアの上にあるため空が青いと信じていました。

9月の誕生石であるサファイアは、癒しの力を持つことでも知られていました。中世のヨーロッパ人は、サファイアが伝染病による腫物や目の病気を治すと信じていました。また、サファイアの誕生石は、解毒剤であるとも考えられていました。

有名なサファイアには、ミャンマー(ビルマ)で採鉱され、長方形のステップカットが施された重さ62.02カラット(ct)のロックフェラーサファイアなどがあります。資本家で慈善家のジョン・D・ロックフェラー・ジュニア(1874-1960年)が 1934年にインドのマハラジャから入手したこの宝石には、長年の間に再カットと留め直しが行われました。このサファイアは最初にブローチにセットされていましたが、のちに隅切を施した2つの三角形のダイヤモンドのサイドストーンをあしらった指輪に使用されました。近年で最も有名なサファイアは、最初にダイアナ妃が着用し、その後は息子のウィリアム王子が継承し、現在ケンブリッジ公爵夫人として知られているケイト・ミドルトンに贈った婚約指輪でダイヤモンドが周りに散りばめられた12ctのブルーサファイアでしょう。
 

有名なロックフェラーサファイアは重量62.02ctである。ここでは2つの隅切三角形にカットされたダイヤモンドに囲まれ、Tiffany & Co.のサインが入っているプラチナのリングに留められている。提供:Christie’s Images Ltd.(クリスティーズ·イメージズ)、2015年
有名なロックフェラーサファイアは 重量62.02ctである。ここでは2つの隅切三角形にカットされたダイヤモンドに囲まれ、Tiffany & Co.のサインが入っているプラチナのリングに留められている。提供:Christie’s Images Ltd.(クリスティーズ·イメージズ)、2015年


サファイアは9月の誕生石であると同時に、結婚5周年および45周年(日本ではブルーサファイアは23周年とされることが多い)を記念する宝石でもあります。

サファイアの産地

カシミール、ミャンマー(旧ビルマ)、スリランカは、この9月の誕生石の主要な産地としての歴史があります。サファイアは、かなりの量がオーストラリア、タイ、カンボジア、マダガスカル、米国(モンタナ州)、そしてアジアやアフリカの他の国々でも発見されています。
 
カシミールでは、1881年頃にヒマラヤ山脈の高地で、滑らかな「コーンフラワー」ブルーの結晶を含む大きなポケット型鉱床が土砂崩れで露出した時に、サファイアが見つかりました。さらに南で見事なサファイアが出始めるにつれ、カシミールのマハラジャとその軍隊はこの新しい産出地を掌握しました。1882年から1887年にかけて、大粒の美しい結晶が数千個も回収されました。カシミールのサファイアが世界で最も望ましい宝石であるとの評判は、これらの結晶からファセットカットされた宝石に基づいています。その後、生産は散発的となりましたが、オークションハウスは時々質の高いカシミールサファイアのジュエリーを販売しています。
 
ミャンマーのモゴック地域は、サファイアの産地として有名なもう一つの場所です。ジャングルに覆われた丘を山々が縁取り、ドラマチックな風景を織りなしています。サファイアは、一般的にルビー鉱床に沿って産出しますが、ルビーに比べるとずっと少量です。多くの人が今も「ビルマ」産と呼ぶサファイアは豊かで強烈な青の色合いを持ち、そのため特に価値が高くなっています。  また、ミャンマーはジェダイトジェードスピネルジルコンアメシストペリドットや他の上質な宝石素材の有名な原産地です。


モゴック周辺の風景は、地中に埋もれているサファイアの美しさに匹敵する。写真:James E. Shigley/GIA
モゴック周辺の風景は、地中に埋もれているサファイアの美しさに匹敵する。写真:James E. Shigley/GIA


スリランカは、2,000年以上にわたってこの9月の誕生石を産出しています。この「インド洋の宝石箱」の漂砂の砂利から採れるブルーおよびファンシーカラーの宝石は、卓越した輝きと彩度を放ちます。さらに、この島で採れる乳白色の「ギューダ」サファイアは、熱処理を施して豊かな青い色にすることができます。


スリランカで行われてきた何世代も前と同じ原始的な洗浄技術を使用して、地元の川で砂利の中からサファイアを探すスリランカの採鉱者。提供:Afsaneh Tazari
スリランカで行われてきた何世代も前と同じ原始的な洗浄技術を使用して、地元の川で砂利の中からサファイアを探すスリランカの採鉱者。提供:Afsaneh Tazari


タイはサファイアの産地であると同時に、カッティングと処理の重要な中心地でもあります。泥だらけの道が交差するうっそうとしたジャングルの中で、チャンタブリ州の鉱山労働者たちはサファイアを採掘します。ミャンマーとカンボジアのサファイアは、チャンタブリでカッティングと処理が行われ、主要な宝石の中心地であるバンコクに出荷されることが多くあります。

誕生石「サファイア」のお手入れ & クリーニング

サファイアは比較的硬く、モーススケールでは9です。優れた靭性を持ち、衝撃で割れる性質を示す「劈開」がありません。このため毎日使用する指輪やその他のジュエリーにセットするのに最適となります。
 
サファイアは色またはクラリティを向上させるために処理されていることがよくあります。熱処理は一般的であり、結果は永久的であるため、取引においてよく受け入れられています。格子拡散、フラクチャーの充填、染色などのあまり一般的でない処理は特に注意が必要です。場合によっては、格子拡散が原因で生じる色は浅いために、石がかけたり、再度カッティングが必要となったりした場合、色がとれてしまう可能性があります。フラクチャー充填および染色したサファイアは、レモン汁のような弱い酸でも損傷することがあります。サファイアを購入する前に、そのサファイアに処理が施されているかどうか、そして処理済みの場合はどの方法で処理されているかを必ず尋ねるようにしてください。

サファイアのクリーニングには、温かい石鹸水を使用するのがどの場合においても安全です。超音波クリーナーおよびスチームクリーナーは、通常、未処理の石や熱処理、格子拡散処理が施された石については安全です。フラクチャー充填または染色された素材は、洗浄は湿った布でのみ行わなければなりません。

9月の誕生石、サファイアの深みのある青には簡単に恋に落ちやすい。提供:JYE's International
9月の誕生石、サファイアの深みのある青には簡単に恋に落ちやすい。提供:JYE's International


こちらではサファイアについてすべてご説明しました。ご自身やあなたの愛する方のために見事に素晴らしい9月の誕生石を選べるよう、サファイアの購入ガイドをご参照ください。

サファイアの詳細 サファイアの購入者のための手引き


他の誕生石にご興味がありますか?