アメシストの品質を決定する要因


Placeholder Alt Text
この17.53カラットのアメシストは、豊かな赤みがかったパープルを呈している。 - Lydia Dyer, スーパートリリオンカットアメシスト、John Dyer & Co提供
アメシストは、何世紀にもわたって最も珍重されてきたクォーツの変種です。 かつては王族のみが入手できたアメシストも、比較的豊富に供給されるようになり、現代では容易に手に入ります。 今日では、手に入りやすい事と手頃な価格のため、アメシストは、カスタムデザイナーの作品のみならず、一般市場のジュエリーにも使われています。 このことにより、アメシストは世界で最も人気のあるカラーストーン、商業的にも最も重要な宝石品質のクォーツの変種となっています。


最高級アメシストの色は、肉眼で見えるカラーゾーニングを伴わない強い赤みを帯びたパープルからパープルです。 宝石ディーラーは、石の明るさを損なうほどに暗くない限り、強く鮮明で赤味のあるパープルから濃いパープルを好みます。 色が暗すぎると、アメシストは、薄暗い照明条件下では黒く見えるかもしれません。

アメジスト
アメシストのカラーの品質には、極端に淡いものから濃いもの、あるいは非常に暗いものがある。 - ©GIA and Tino Hammid
アメシストのパープルにブラウンやブロンズがかった色味があったり、顕著なカラーゾーニングがあると、いずれも、その価値を大きく下げてしまいます。 裸石(ルース)のアメシストのバイヤーは、白い背景に対し宝石のテーブル面を下向きにしてカラーゾーニングを確認します。

アメシスト
この優れたカットのアメシスト2点は、この宝石に見られる、明るいものから暗いものまでの色範囲を示している。 - Pala International(パラ・インターナショナル)提供
多くのアメシストは淡くて明るい色をしていたり、パープルの明暗の強いゾーニングを示しています。 これらの要素は、石の価値を下げてしまいます。

アメジスト
カラーゾーニングは、アメシストを白い背景にテーブル面を下にしてパビリオンを通して見てみると、最も見やすくなります。 フェースアップでは見にくいのです。
非常に暗いアメシストの色は熱処理によって明るくすることができます。 低品質の淡い色のアメシストや淡色のクォーツでさえも、パープルを濃くするために染色されています。

クラリティ
市場にあるファセットカットされたアメシストの多くは「アイ クリーン」、つまり肉眼で見えるインクルージョンが含まれていないものです。  アフリカ産の石、特にザンビアからのものは、鮮明なラズベリー色を示すことがあります。 これは、ブラジル産のものよりも多くの内包物を含んでいる傾向があります。 それでも、その鮮やかな色あいから、これはファセットカット石として受け入れられるものと考えられています。 同じ色でもアイクリーン、つまり目で見て内包物のないものは、より価値があります。

アメジスト
市場に流通しているファセットカットのアメシストには、目に見える内包物はない。 - 提供:Ramiro Rivero & Metals del Oriente S.R.L(ラミロ・リベロ&メタル·デル·オリエンテSRL)
目に見える内包物があっても魅力的な色のアメシストは、​​カボションとしてカットされたり、ビーズにされたりしています。 上質のカラーと高いクラリティを示すカボションやビーズはかなりのプレミアム価格で販売されています。

まれに、アメシストは、見かけのクラリティを向上させるために、その表面に達したフラクチャーに、フラクチャー充填の処理が施されます。

カット
アメシストは、様々な標準的な形やカッティングスタイルにカットされています。 カットには、ラウンド、オーバル、ペア、エメラルドカット、トライアングル、マーキス、クッションなどがあります。 ファセットパターンには、クラッシックな三角形と凧形からなるブリリアントカットや平行ファセットの同心列からなるステップカット、およびこの両方のファセットを組み合わせるミックストカットがあります。

アメジスト
アメシストは、宝飾品として、様々な人気の高いカットに作製される。 - John Miatech 提供
アメシストはまた、様々な自由な形状にカット出来る点で人気の高い宝石です。 この場合、カットは手動で行われたり、機械で自動的に行われます。 これらの、いわゆるファンタジーカットやデザイナーカットは、大量生産されたり、独自の創作品として作られたりします。 こうした石には、通常は平らなファセットにくぼみがあるところに、時折、くぼみをもつファセッティングが見られます。 他のタイプのカットや、動物やほかの物体の彫刻などもあります。

53.37カラットのアメジスト
アメシストは、たとえばこの53.37カラットのような大きなサイズでさえも、芸術的なデザイナーカットに適した人気の宝石だ。 - Lydia Dyer, Amethyst Dreamscape gem 、John Dyer & Co 提供
カラット重量
アメシストにはあらゆるサイズのものが揃い、さまざまな宝飾品にセットするすることが可能です。 カラットあたりの価格は大きなサイズでも急激に高くなることはないため、大きなセンターストーンとして人気です。 アメシストは、どの品質に於いても、業界標準のサイズに正確にカットされた、いわゆるキャリブレーションカットが多く見られます。

22.65カラットのアメシスト
この22.65カラットの石のように大きなサイズに作られたアメシストも珍しくない。 - 提供:Anil Gupta、Kris Gem International, Inc.(クリス・ジェム・インターナショナルInc.)