アメジストの歴史と伝承


Placeholder Alt Text
この古代のネックレスは紀元前2000年にもさかのぼります。 センターストーンの碑文は、紀元前8世紀の南アラビアの文字です。 - Lance Grande and Allison Augustyn(ランス・グランデとアリソン・オーガスティン)著『Gems and Gemstones: Timeless Natural Beauty of the Mineral World(宝石と宝石学: 鉱物の世界の時代を超えた自然の美しさ)』2009年、University of Chicago Press(シカゴ大学出版)の発行
そのワインのような色合いから、初期ギリシャの伝説ではワインの神、バッカスに関係していました。 その他の伝承では、アメジストを身につけることで戦闘やビジネスにおいて頭脳明晰、頭の機転が利くとの信心を反映していました。 アメジストはワインと関係していたので、アメジストを身につけると酔っぱらわないと信じられていました。

上質のアメジストは、宗教の中での宝飾品や王冠の宝石として、何代にもわたって使われてきました。 かつてはルビー、エメラルド、サファイアと等しい価値があると考えられていました。 高級アメジストが司教の指を飾り、またイギリス王室の戴冠式のレガリアを飾っていることも、不思議ではありません。

アメジストは2月の誕生石で、12使徒のエンブレムの一つです。