アメシストの説明


Placeholder Alt Text
このアメシストの結晶はナミビア産。 典型的なクォーツ結晶の形状を示していて、六面の柱状結晶で頂端部は錐面で終末している。 提供:Daniel Trinchillo、Fine Minerals International(ファインミネラルズ インターナショナル)
アメシストは、鉱物種クォーツの中の紫色の変種です。 紫色の宝石にはサファイアやタンザナイトなどもありますが、紫色の宝石として最も一般的に連想される宝石がアメシストです。 その紫色は、冷たく青味がかっている場合もあれば、「ラズベリー」とも呼ばれるような赤紫色の場合もあります。

アメシストについての説明
美しい紫色の宝石を想像するとき、多くの人はアメシストを思い浮かべる。 提供:Intimate Gems(インティメイト ジェムズ)
アメシストの紫色は、明るいライラック色から深みのある強いロイヤルパープルまでの幅があり、ブラウン調から鮮やかな色合いのものがあります。 アメシストにはまた、色帯と呼ばれるものがよく見られます。アメシストに見られる色帯は通常、角度のある色の濃淡の縞として見られます。

目に見えるカラーゾーンを持つアメジスト
アメシストには一般的に、色の濃淡の縞が見られる。 写真:Mike Havstad / GIA。