宝石事典へ戻る

ジルコン

ジルコンは高い屈折率とファイアーを持つ色彩に富んだ宝石で、キュービックジルコニアと不当に間違われます。

Responsive image
クッションカット

この21.05ctの クッションカットのオレンジジルコンはタンザニア産です。

Responsive image
秋の色

この宝石は、暖かい秋の赤褐色を示します。

Responsive image
二重像

ジルコンの強い複屈折により、ファセットの二重像が見られます。

Responsive image
Responsive image
シナモンブラウン

この稀少な未処理の48.50ctの 結晶のように、ジルコンは多くの場合茶色がかっています。

Responsive image
とんがり頭

ジルコン結晶は多くの場合、4面で上部が錐面の形状になっています。

Responsive image
ユビキタスな(=遍在する)宝石

ジルコンの結晶は多くのさまざまな種類の岩石中で成長します。

Responsive image
器具類

研究

Faceted blue zircons
長波紫外線の放射によるブルージルコンの補修可能な変色

長波紫外線の放射により誤ってブラウンに変色したブルージルコンが、白熱灯を使用して元の色に戻ることができるかを研究します。

詳細を読む

記事
GIAジェムプロジェクト
ジルコン

ジルコンは化学的に純粋な場合は無色ですが、一般的に黄褐色から茶色をしています。また、赤、青、紫、緑色の石もあります。輝きや分散が強いため、無色ジルコンはジュエリーにおいてダイヤモンドの代用品として用いられることもあります。

詳細を読む

ジルコン
記事
ジルコン品質要因

ジルコンをとても魅力的なものにする要因について学んで下さい。

詳細を読む

ジルコン
記事
ジルコンについて

ジルコンには、豊富な種類の色彩があります。 イエロー、グリーン、レッド、レッディシュ・ブラウン、そしてブルーというその多彩なパレットによって、よく勉強している消費者と共に収集家の間で愛好品になっています。

詳細を読む

ジルコン
記事
ジルコンの歴史と伝承

多くの人々は、ジルコンのことを聞いたことはあるが、見たことがありませんでした。 これは、概ね1900年代初頭にダイヤモンド模倣品として無色ジルコンが幅広く使用されたからです。

詳細を読む

A miner in northern Tanzania examines rhodolite.
宝石ガイドブックプロジェクト

GIAおよびNGO Pactによって計画されたプロジェクトは、タンザニアの女性鉱山労働者たちに貴重な教育ツールを提供します。

詳細を読む

宝石に関する国際ニュース 2000年春号

産地、珍しい宝石の素材、市場ニュース、新製品、発見、宝飾品の製造技術、業界トレンドなど、世界中から集めた宝石のニュースが満載です。

詳細を読む

記事
カンボジアの宝石採鉱

サファイア結晶の亀裂と内包物を検査する方法

詳細を読む

2011年冬号 G&G ラボノート

「Gems & Gemology(宝石と宝石学)」2011年冬号からのこのセクションでは、GIAラボで発見された興味深い内容を集めました。

詳細を読む

カンボジアのジルコン鉱床
ジェムニュースインターナショナル 2009年夏号

産地、珍しい宝石の素材、マーケットニュース、新製品、発見、宝飾品の製造技術、業界トレンドなどのトピックをカバーする、世界中の宝石関連ニュースをまとめたもの。

詳細を読む