サンストーンのお手入れとクリーニング


Placeholder Alt Text
適切なお手入れをすれば、サンストーンのジュエリーは生涯にわたって楽しんでいただくことができる。 - Mike Havstad
硬度と靭性
宝石や鉱物の硬度はモース硬度スケールで測定されます。 モース硬度の数字はある1つの鉱物が他の鉱物によって傷つけられることが相対的にどれだけ容易または困難であるかに基づいています。 しかし、モース硬度には紛らわしい面もあります。 モース硬度を代表する鉱物間の硬度の間隔は均等でありません。 例えば、ダイヤモンドは数字上ではコランダムとはたったひとつしか離れていませんが、コランダムの宝石よりも何倍も硬いのです。

サンストーンを含むフェルスパーには、その耐久性に影響を与え、損傷の影響を受けやすくする2つの特徴が共通して見られます。 それは硬度の低さ(モーススケールでは6.5から7.2)と、サンストーンの靭性の評価を非常に低くしている二方向の劈開です。

しかしながら、サンストーンを保護するようにセットすれば、この宝石はジュエリー向けに優れた選択肢となります。 保護となる石のセットとは、打撃や衝突などを受ける可能性の高い指輪よりも、ペンダント、イヤリング、ピンなどへの使用です。

モース スケール
サンストーンの硬さはモーススケールで6.5と7.2の間である。
安定性
サンストーンを熱に曝すことはお勧めできませんが、その色は光に曝されても安定していて退色しません。

クリーニング
温かい石鹸水での洗浄は、常にサンストーンの安全な洗浄方法です。 超音波や蒸気洗浄は避けるべきです。 フェルスパーは塩酸によって急速に損傷するので、漂白剤を含有する洗浄剤も避けましょう。
サンストーンは、まれにフラクチャー充填されている可能性があります。 そうした石は、温かい石鹸水でのみ洗浄します。