真珠の説明


Placeholder Alt Text
養殖真珠は、異なるサイズ、形状、および色からなります。
おそらく時を通じて最も愛されている宝石の真珠。天然真珠も養殖真珠も、さまざまな色で生まれます。 最も身近な色は白とクリーム色(明るいイエローがかったブラウン)です。 ブラック、グレー、シルバーもかなり一般的ですが、真珠色のパレットは、あらゆる色相に広がっています。 メインカラー、またはボディカラーは、オーバートーンといわれる加色処理により、大抵ピンク(ローズとも呼ばれます)グリーン、パープル、ブルーに着色されます。 ある真珠は、オリエントとして知られる虹色現象を呈することもあります。

アコヤ真珠貝
この新しいアコヤ真珠貝には、生殖腺の中に育った真珠があります。 この貝の学名はpinctada fucata (martensii) (ピンクタダフカタ (マーテンシイ)) です。
養殖真珠は、ネックレスやブレスレット、またはソリティア、ペア、イヤリング、指輪、ペンダント用として人気があります。 珍しい形の大きな真珠は、クリエイティブなジュエリーデザイナーに人気です。

マルチカラー真珠ネックレス
このマルチカラーのネックレスは、タヒチや南洋の養殖真珠の美しさを兼ね備えています。 それらを生産するオイスターの科学的な名前は、Pinctada margaritifera (黒蝶貝)およびPinctada maxima (白蝶貝)です。 - Frank Mastoloni & Sons, Inc. (フランク・マストローニ&サンズ社)提供
天然や養殖の真珠は、米国では、アレキサンドライトとムーンストーンと同じ6月の誕生石です。

天然真珠は、特定の軟体動物のボディまたはマントル組織に形成し、通常、顕微刺激物の周りで、人間やその他のどんな介入も必要としません。

養殖真珠の成長には人間の介入と世話を必要とします。 今日では、養殖工程において使用される軟体動物のほとんどが、その目的のために育成されていますが、野生の軟体動物を収集し、使用しているケースもあります。
  養殖真珠のグループ
この養殖真珠は、真珠が発揮できるエキゾチックな色を示しています。 - ブレアビーバー、水野たかやす氏提供
その工程のはじめに、熟練した技術者が、犠牲となる同種の軟体動物からマントル組織を取り出し、宿となる軟体動物の生殖腺に、貝のビーズと共にマントル組織の一片を、あるいはビーズ無しでマントル組織の数片を挿入します。 ビーズを使用する場合は、マントル組織が成長し、その周りに嚢を形成し、最終的に養殖真珠を形成するよう、内側にビードの上に真珠層を分泌します。 ビーズを使用しない場合、移植されたそれぞれのマントル組織片の周りに真珠層が形成されます。 養殖真珠が収穫されるまで、作業者がそれらの軟体動物を管理します。

養殖真珠全体には主に次の4種があります。

  • アコヤーこのタイプは、多くのジュエリー消費者に最もよく知られています。 日本と中国は、海水のアコヤ養殖真珠を生産しています。
  • 南洋 - オーストラリア、インドネシア、フィリピンがは、これらの海水養殖真珠の主な原産地です。
  • タヒチーフランス領ポリネシアの島々(これらの最も良く知られているのはタヒチ)を中心に養殖されるこれらの海水の養殖真珠は、通常はホワイトからぶらっくまでの色域があります。
  • 淡水 - これらは通常、淡水湖や池で養殖されます。 サイズ、形状、カラーにおいての幅広く生産しています。 中国と米国が主な原産国です。

ゴールドリップ真珠母貝
オーストラリア、インドネシア、フィリピン、ミャンマーの養殖真珠は、シロチョウ貝という真珠母貝で成長します。 この貝のうちの一つのタイプは、真珠母貝層の周縁部の色からゴールドリップと呼ばれています。
黒い唇のモラスク
ブラックリップモラスクは、様々な色の養殖真珠を生成することができます。 真珠層のカラーが、多くの場合、形成される養殖真珠の真珠層の色に関係しています。 - A & Z Pearls(A&Zパール)および田崎真珠株式会社提供
あこや養殖真珠の一般的特徴
このチャートの画像はサイズ、形状、カラー、光沢、表面、およびアコヤ養殖真珠の真珠層の質の典型的な範囲を表しています。
南洋真珠の一般的特徴
このチャートの画像はサイズ、形状、カラー、光沢、表面、および南洋養殖真珠の真珠層の質の典型的な範囲を表しています。
タヒチ養殖真珠の典型的な特徴
このチャートの画像はサイズ、形状、カラー、光沢、表面、およびタヒチ養殖真珠の真珠層の質の典型的な範囲を表しています。
中国の淡水養殖真珠の一般的特徴
このチャートの画像はサイズ、形状、カラー、光沢、表面、および中国の淡水養殖真珠の真珠層の質の典型的な範囲を表していまる。