Gianmaria Buccellati財団 最優秀ジュエリーデザイン賞



紙にジュエリーデザインを手でスケッチしているジャンマリア ブチェラッティ。

ジャンマリア ブチェラッティ最優秀デザイン賞は、2018年にジャンマリア ブチェラッティ財団と提携し、世界各地のGIAの学生の優れたデザインの才能を表彰するために設立されました。毎年200人以上の学生の作品が、学生や教員、そして最終的には著名な審査員によって審査および評価され、受賞者が決定します。最終審査に選ばれた学生の作品は、ツーソンとニューヨークで展示されます。 

応募資格

同じ暦年にGIAジュエリー デザイン(Jewelry Design)コースを修了したすべての学生に応募資格があります。すべてのデザインは、GIAのジュエリー デザイン カリキュラムに従って手描きでレンダリングしたオリジナルの作品で、コース中に完成する必要があります。その後、作品はいくつかの審査段階を経て、最終的にデザイン、製造、ジュエリー小売業の業界専門家やジュエリー関連書籍の出版社の専門家から成る委員会によって評価されます。

GIAジュエリー デザイン コースの詳細については、GIAまでお問い合わせください。

過去の受賞者

アメシスト、ダイヤモンド、ムーンストーン、コンクパール、バロック真珠、コーラルとブラック オパールを特徴とするネックレス。

Gianmaria Buccellati財団について

Gianmaria Buccellati(ジャンマリア ブチェラッティ)財団は、ジャンマリア ブチェラッティと父親のマリオ ブチェラッティの見事に素晴らしい芸術的および文化的な遺産を保存および称賛することを目的として2008年に設立された非営利団体です。ジャンマリアの作品は、イタリアとフランスの両方の政府から重要な賞を受賞しており、Smithsonian(スミソニアン博物館)、サンフランシスコにあるCalifornia Academy of Sciences(カリフォルニア科学アカデミー)、Royal Ontario Museum(ロイヤル オンタリオ博物館)など、世界各地にある数多くの展覧会で展示されました。  また、Pitti alace(ピッティ宮殿)、スミソニアン博物館、Kremlin Museum(クレムリン美術館)の常設コレクションにも彼の作品が展示されています。同財団は、デザイナーや金細工師になることを夢見る若い方を支援するだけでなく、書籍を出版したり、世界各地でジャンマリアの作品の展示会を主催しています。